【マツコの知らない世界】山菜アドバイザー1号荻田毅さん、懐中電灯ライター飯塚大介さん(フラッシュライトマニア、スプーン1杯の水で点灯)

Sponsored Link

4/28放送『マツコの知らない世界』では「山菜」と「懐中電灯」の世界が放送されます。いつもより、やっかいなマニアが来るようです(笑)「山菜の世界」では「山菜アドバイザー1号 荻田毅さん」で、「懐中電灯の世界」では「懐中電灯ライター 飯塚大介さん」がいらっしゃるとのことでした。フラッシュライトマニアってなかなかいないですよね。

予告を見る限り、かなり奇天烈です(笑)

山菜の世界 山菜アドバイザー1号 荻田毅さん(マツコの知らない山菜の世界)
懐中電灯の世界 懐中電灯ライター 飯塚大介さん(マツコの知らない懐中電灯の世界)

山菜の世界 山菜アドバイザー1号 荻田毅さん(マツコの知らない山菜の世界)

「マツコの知らない山菜の世界」では、山菜アドバイザー1号 荻田毅さんが出演します。

2005年から「天然食材」のことしか書いていないブログを運営している方で、4/22のブログで出演することが書かれていました。農林水産省でもインタビュー記事が掲載されていました。

Sponsored Link


コシアブラ(白木の芽・漉油)30cm〜50cm(10.5cmポット苗) 【やま菜(同じ店舗名ですと同梱出来ます!)】

「天然食材」というのは、きのことか山菜に海のものとかです。いわゆる、人の手が入っていない自然にある食材です。

今の時期だと「コシアブラ」とか「タケノコ」など、結構山菜が出てくる時期ですね。

Sponsored Link


ふきのとう海苔

予告では「フキノトウ」が映っていました。

URL:http://blog.livedoor.jp/ogita5/
URL:http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1009/spe2_02.html(農林水産省)

懐中電灯の世界 懐中電灯ライター 飯塚大介さん(マツコの知らない懐中電灯の世界)


もうひとりの「やっかいな人」は、懐中電灯ライター 飯塚大介さんという方でした。

彼の紹介サイトには以下のように書かれています。

新しいフラッ シュライトが発売されるたびに購入し、カメラと三脚を担ぎ夜な夜な山奥に照射しに行くという。今では400個以上の『フラッシュライト』を持ち、夜が来る のを楽しみに待っている。また自宅には、万が一の為に家中至る所にフラッシュライトがあり、いざという時の為に備えている。飯塚氏は言った。『自分が何キロ照らせるか』やはりマニアにとって照射距離も楽しみの一つだという。

うちの温泉担当が、暴風雨の時に限って、山奥の暗がりとか茂みでカッパ着て耐える喜びを感じているのと、やや似ている気もしました。

それはともかく

「スプーン1杯の水で点灯」する懐中電灯があるそうです。

「水ピカッ スプーン1杯の水で1週間点灯」という商品だそうです。

水ピカッ スプーン1杯の水で1週間点灯


Sponsored Link


【 水だけで光る!水ピカッ 】 水だけで光るライト!スプーン一杯分の水でライトが光ります! 水ライト / 水 懐中電灯 水 ライト ライト 電灯 水 電灯 水だけで光る 水で光る 災害グッズ 非常グッズ 便利グッズ 備蓄ライト 1週間発光 ( ) 水ライト

これが水につけるだけで発光するという「水ピカッ」です。

これは「LEDライト」ですが、電池がなく、中にマグネシウム版と銅板が入っており、それを水に浸けることで発電するという仕組みです。

ボタン電池の懐中電灯でいいじゃん・・・・

ボタン電池を大量に備蓄しておいた方が場所を取らないですし、LEDライトなんて100円ローソンで高出力のものが販売されています。

そっちの方がおすすめです。


「マツコの知らない世界」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。