【マツコの知らない世界】4/14はレアガチャガチャ「ながせ陶房 陶ブローチ」も紹介?坂上恵さん『マツコの知らないガチャガチャの世界』

Sponsored Link

4/14放送『マツコの知らない世界』では、ボイストレーニングとガチャガチャがテーマになっていました。ガチャガチャの方は「坂上恵さん」(さかうえめぐみ)が出演ということで、よくよく見ると「ユーチューバー」で商品レビューしている方でした。

ガチャガチャは「コップのフチ子」や「海洋堂」と「ながせ陶房 陶ブローチ」などが紹介されそうです。「高島屋の1万円ガチャガチャ」も紹介されるそうです。(追記:最初に1秒くらい映っただけでした)

マツコの知らないボイストレーニングの世界(亀渕友香さん)
マツコの知らないガチャガチャの世界(坂上恵さん)

4/14放送は坂上恵さん『マツコの知らないガチャガチャの世界』

坂上恵さんは「ユーチューバー」で商品レビューしている方です。

こういう方々は「プロ」のレビューアーで、企業から商品の宣伝依頼を受注しており、その依頼のもとYoutubeにレビューという形態で広告を出している方々です。もちろん、法人で運営しています。

テレビで紹介される商品も、昔からステマのものはあるので、こういうやり方は一般的です。

今回は「ガチャガチャ伝道師」として出演されるようです。もちろん、普段はこういう肩書ではありません(笑)

今回は「コップのフチ子」というガチャガチャなどが紹介されるようです。

レアガチャガチャ「ながせ陶房 陶ブローチ」も紹介?

予告では「コップのフチ子」しか映っていませんが、他のガチャガチャも紹介されるようです。

ながせ陶房さんの「陶ブローチ」がほぼ確定しています。どの程度の時間で放送されるかは不明です。「高島屋の1万円ガチャガチャ」って、これでしょうか?

ちなみに、普通のはお値段500円です。

陶器の町である波佐見町ならではの、超レアガチャです。

「ながせ陶房」さんというのは、長崎県東彼杵郡波佐見町(はさみ)にある陶器工房さんで、そこで出しているガチャガチャが陶器製ブローチなんです。

つまり、レアです(笑)

Googleマップにも登録されていませんが、住所はわかっています。

長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2187−4
Facebook

佐見町(はさみ)は陶芸の町なので、こういうガチャガチャもあるんですね。

追記:実際の放送見ましたが、社名もなにも出ませんでした(笑)
最初に1秒ほど「高島屋」の獅子をモチーフにした陶製のバッジっぽいのが映ったので、たぶんそれでしょう。

通販も可能、奇譚クラブの「コップのフチ子」というガチャガチャ


Sponsored Link


ご当地コップのフチ子とご当地キティ名古屋限定(名古屋バージョン)全6種+シークレット1種フィギュアマスコット(BOX入り×12個入り)送料無料

「コップのフチ子」は、OLのキャラクターをコップのふちにかけられるように作られたシリーズです。

基本的にガチャガチャで売られていますが、テレビでたくさん紹介されて、アニメなどとのコラボ商品も販売されています。

ふなっしーのご当地付け根みたいに、ご当地バージョンもあります。

ふなっしーやキティちゃんとコラボしたものもあって、種類は多いです。

コップのフチ子とふなっしー


Sponsored Link


《即納》コップのフチ子とふなっしーBOX(8個入)

ふなっしーとコラボした商品は、話題になっています。

これ、ふなっしーとフチ子がくっつくようなっていますが、分離もできるタイプです。

「海洋堂」の製品も紹介?

あと、海洋堂の商品も紹介されると思われます。

「海洋堂」さんは有名なメーカーさんです。フィギュアなんかは昔から販売していますね。


「マツコの知らない世界」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。