【マツコの知らない世界】12/16「マツコの知らない燻製の世界」燻製歴30年の燻し人「桒田彰」(くわた あきら)さんが出演(コンビニ燻製)

Sponsored Link


12/16『マツコの知らない世界』では、「マツコの知らない燻製の世界」で燻製歴30年の燻し人「桒田彰」(くわた あきら)さんが出演します。その前には、元TBSアナウンサー・吉川美代子さんが「マツコの知らない女性アナウンサーの世界」として出演されるようです。

2014-12-16_041507

燻製歴30年の燻し人「桒田彰」(くわた あきら)さん


本職は「建築士」のようですが、ログハウスマニアが燻製作ってたりするので、なんとなく気分はわかります。

燻製は「長期保存」の技術で、熱で食品の水分を飛ばしたものです。

燻製は美味いといえば美味いですが、シティーボーイズの我々には不要な技術です。また、近現代においては食料保存は「コンビニ」と呼ばれる施設で集中管理していますので、燻製技術は不要だと思います(笑)

というのは冗談として、住宅地で「燻製」はちょっと迷惑なので、田舎でもないとできません。

八王子燻製研究会(主催:桒田彰)
http://www.mytown-club.net/kunken/ ← 繋がらないし、右クリックもF12すらも拒否しています。

マツコの知らない世界
http://www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/

以下では、「お墨付き!」がお墨付きのオススメ燻製をご紹介します。

コンビニで買えるおすすめ燻製「こだわりゴールド 燻製かき 味噌風味」

「株式会社 マルエス」さん販売でコンビニでも見かけます。

なんと、カキ(牡蠣)の燻製です!

税込みで300円程度で、量は42gと少しですが、このお値段で牡蠣です。

おいしいのでこれはオススメします。

コンビニで買えるおすすめ燻製「燻製卵(くんたま)」


コンビニで一番見るのは酒類コーナーにあるビーフジャーキーですが、「燻製たまご」も次に多いかと思います。

最近話題になったのは山形のご当地グルメで、半熟くんせいタマゴ「スモッち」です。

お酒のおつまみに、濃厚な燻製たまごって合います。

ま、「ピータン」の方がうまいですが(笑)

ピータンはアヒルの卵を土の中で発酵させた食品です。卵がゼリーみたいになって、これがまた卵の濃厚さが出ておいしいです。

中国産だと添加物問題もある場合がありますので、日本の安心できる業者から買うほうがいいです。

コンビニで買えるおすすめ燻製「鶏のささみくんせい」


コンビニで買える燻製には、鳥のササミ(笹身)もあります。

カロリー控えめで高タンパク質商品なので、ボディビルダーさんとかも好んで食べてますよね。

ササミのくせに結構な値段しやがりますが、美味いちゃ美味いのですが、ササミなら自分で焼いたりするので生肉買います。

買うなら合鴨スモークとかでしょうか。

コンビニで買えるおすすめ燻製「お魚スティック」


これも、酒類コーナーで見るのですが「お魚スティック」も燻製です。イカとかタコもありますけど、乾物なので燻製です。

コンビニなら必ずあります。

コンビニで買えないおすすめ燻製「鹿の燻製」「いのししの燻製」


京都って、山のほういくと「鹿」とか「いのしし」肉が道の駅で販売されています。「鹿」とか「いのしし」は日本の山では一番ポピュラーな生き物で、農作物被害とかで狩猟されるので、出荷量もそこそこあります。

鹿といのししの肉は、もともと少し固くてスジっぽいので、燻製にすると雰囲気が出ます。

国産天然の猪肉です。燻製 猪肉 スライス 100g

国産天然の猪肉です。燻製 猪肉 スライス 100g
価格:840円(税込、送料別)

鹿肉の燻製はおいしいです。

なんというか、味も香りも鶏に負けてる鶏肉っぽい感じです(笑)

猪は臭い牛肉みたいな感じですが。

迂闊にスモークセットとか買って、自宅でやったりしないようご注意ください。


「マツコの知らない世界」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。