マツコの知らない世界で紹介されない京都のエスカレーター

エスカレーターの聖地「名古屋」が2020年5月12日放送の『マツコの知らない世界』で紹介されるそうです。たぶん、短いエスカレーターとか全照明型エスカレーターが紹介されそうですが、京都にも「京都で一番短いエスカレーター」と「京都で一番長いエスカレーター」があります。

エスカレーターの聖地「名古屋」が『マツコの知らない世界』で紹介


エスカレーターの聖地「名古屋」が『マツコの知らない世界』で紹介

エスカレーターの聖地「名古屋」が『マツコの知らない世界』で紹介

2020年5月12日放送の『マツコの知らない世界』で、マツコの知らないエスカレーターの世界が紹介されるそうです。

予告では「知れば乗るのが楽しくなる!日本はエスカレーター大国」と書かれており、1度は乗りたい激レア7基が紹介されるとあります。

その中でも特に名古屋をエスカレーターの聖地として紹介するようなのですが、たぶん名古屋にある以下のようなエスカレーターが紹介されるのでしょう。

全照明型エスカレーター

栄にある商業ビル「スカイル(地図)」や「星野書店 栄町ビル店(地図)」にある「全照明型エスカレーター」です。

私が小さい頃は東京でもこの「全照明型エスカレーター」がほとんどで、手すりは「赤色」が当たり前でした。

名古屋はまだまだ昔のものが残っている街なので、こういったエスカレーターがあります。

ちなみに日本で一番最初に「全照明型エスカレーター」を設置したのは日本橋三越本店です。

短いエスカレーター

名古屋の地下街でよく見かけるのが「短いエスカレーター」です。

名古屋栄三越の地下一階にもあります(地図)。

ちなみに、世界一短いエスカレーターと言われているのが「川崎モアーズ(神奈川)」にある5段しかないプチカレーターで、長さは83.4センチです。

マツコの知らない世界で紹介されない京都のエスカレーター


京都で有名なエスカレーターはJR京都駅周辺にある

京都で有名なエスカレーターはJR京都駅周辺にある

では、京都のエスカレーターで珍しいものってあるのでしょうか?

マツコの知らない世界では紹介されるとは思いませんが、京都で有名なエスカレーターはJR京都駅周辺に2つあります。

それが「京都で一番短いエスカレーター」と「京都で一番長いエスカレーター」です。

京都で一番短いエスカレーター


京都で一番短いエスカレーター

京都で一番短いエスカレーター

ひとつが、JR京都駅の北口にあるヨドバシカメラの正面入口にあるエスカレーターです。

7段ほどしかない短いエスカレーターで、名古屋にある短いエスカレーターとほぼ同じ長さです。

さすがに川崎の長さは83.4センチ(5段)ほどではありませんが、これもなかなかの短さです。

京都で一番長いエスカレーター


京都で一番長いエスカレーター

京都で一番長いエスカレーター

JR京都駅にあるエスカレーターは長さが400メートルあります。

といっても、複数のエスカレーターの組み合わせで成り立っているので日本最長エスカレーターとは言われていません。

上の写真だと2つ目までしか見えませんが、さらに上までエスカレーターがつながっています。

ちなみに、日本最長のエスカレーターは長さ44メートルのもので、東京の大井町駅にあります。

ということで、今回は全国的な知名度は低いですが、京都では有名な2つのエスカレーターを紹介しました。

他にも面白いエスカレーターがったら教えてください。

マツコの知らない世界 2020年5月12日 予告


マツコの知らない世界 2020年5月12日 予告は以下の通りです。

エアコン機能の8割は室外機にある?風量や静かさが全然違う?自宅の空気が変わる厳選7種▼知れば乗るのが楽しくなる!技術もアイデアも凄い厳選7基!聖地は名古屋?
室外機が凄い!冷暖房エアコンの機能の8割を実は担っているんです!同じように見えてまったく能力が違う…あなたの家にはどれが最適?超厳選3種▼換気扇も凄い!風量なら…静かさなら…実は機能が多彩!厳選4種▼知れば乗るのが楽しくなる!日本はエスカレーター大国…秘機能と技術とまさかのアイデア!1度は乗りたい激レア7基!聖地は名古屋▼見れば日本の歴史が分かる!電柱の世界!


「マツコの知らない世界」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。