マツコの知らない世界で紹介されるドライカレー まとめ

2019年8月20日放送『マツコの知らない世界』で紹介されるドライカレーをまとめました。3000軒のカレーを食べ歩いた松宏彰さんが案内人の放送回の予告を見ていると「カフェハイチ(中野)」、「カレーハウスゴッド(吉祥寺)」、「MOKUBAZA(神宮前)」に「サリサリカリー(横浜市白楽)」が紹介されるのが分かります。

※「マツコの知らない世界で紹介されるトンネル まとめ」はこちらです。

広告

マツコの知らない世界で紹介されるドライカレー


マツコの知らない世界で紹介されるドライカレーの店はどこにある?

マツコの知らない世界で紹介されるドライカレーの店はどこにある?

2019年8月20日放送『マツコの知らない世界』で紹介されるドライカレーをまとめてみました。

案内人は3000軒のカレーを食べ尽くしてドライカレーに行き着いたマニア・松宏彰さんで、主に東京のドライカレーが紹介されるのが予告を見ると分かります。

紹介されるのが確定しているのは4軒カフェハイチ(中野)、カレーハウスゴッド(吉祥寺)、MOKUBAZA(神宮前)、サリサリカリー(横浜市白楽)」です。

カフェハイチ(中野)
カレーハウスゴッド(吉祥寺)
MOKUBAZA(神宮前)
サリサリカリー(横浜市白楽)

カフェハイチ(中野)

予告では青い皿にいかにもドライカレーが盛られた映像が流れているのですが、これは東京・中野にある「カフェハイチ」さんのドライカレーです。

コーヒーとドライカレーのお店として知られ、コーヒーにはラムを入れて飲むお店です。

世の中のドライカレーのお店に多大な影響を与えているとされてお店で、新宿センタービルにも支店があり、フランチャイズ店もあります。

東京都中野区中野3丁目15−8(地図

カレーハウスゴッド(吉祥寺)

吉祥寺サンロード商店街にある「炭きち」さんに間借りしているカレー店「カレーハウスゴッド」のチーズドライキーマも予告に映っていました。

白雪のようなチーズに覆われたドライカレーと卵黄のカレーです。

他にも「とろけるチーズドライキーマ」と呼ばれるトロッとしたチーズのかかったドライカレーもあり、値段は各1000円です。

東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目11−27(地図

MOKUBAZA(神宮前)

チーズキーマカレーが名物の神宮前二丁目にある「MOKUBAZA」さんのカレーも紹介されるようです。

紹介されるのはナッツがトッピングされた「ナッツキーマカレー」だと思われます。

東京都渋谷区神宮前2丁目28−12(地図

サリサリカリー(横浜市白楽)

サリサリカリーさんは横浜市の白楽にあるカレー専門店なのですが、メニューは「カリー1品のみ」というお店です。

2019年8月20日放送『マツコの知らない世界』では「究極のドライカレー」として紹介されるそうです。

公式サイトにも「一部の人に理解される店」とか「千年前から変わらぬレシピ」などとちょっと面白いことが書かれていますが、水を一切使わないで味付けは塩のみという究極のカレーを食べられるお店です。

値段はスリーコースセット(カリー、サラダ、チャイ)で1200円です。

神奈川県横浜市神奈川区西神奈川3丁目9−2(地図
広告

マツコの知らない世界 2019年8月20日 予告


マツコの知らない世界 2019年8月20日 予告は以下の通りです。

「ドライカレーはウマい!夢の味!」カレー好きマツコが泣きそうになった絶品ドライカレーが続々!水分少ないから脳にガツン!スパイスに感謝▼夏の新・観光名所!トンネル
「ドライカレーは本当にウマい!いくらでも食べられる」今夜はマツコが番組史上最高の食べっぷり!?スパイスの刺激が脳にガツンと来る、癖になるドライカレーが続々登場!チーズたっぷり…驚きの造形美&種類の多さも超進化!さらに、懐かしの味ドライカレーで、マツコが思わず泣きそうに!?▼夏の新観光スポットはトンネル!心霊スポットじゃない!心が癒される私だけのアミューズメント空間!?

広告


「マツコの知らない世界」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。