玉子サンド 老舗コロナの味を受け継ぐ喫茶マドラグの玉子焼きサンド

Sponsored Link

喫茶マドラグさんで復刻した「コロナの玉子サンド」が、11/2放送『水野真紀の魔法のレストランR』で紹介されるようです。(ちなみに、2014/12/15にも紹介されていましたので二度目です)

コロナの玉子サンドというのは、御年96歳のおじーちゃんが独特のキャラクターで70年も営業していた木屋町にあった「レストラン コロナ」(2012年閉業)で出していた京都のだし巻き玉子のサンドイッチです。

喫茶マドラグ コロナの玉子サンド

11/2放送『水野真紀の魔法のレストランR』で、二条城の近くにある「喫茶マドラグ」さんの玉子サンドが紹介されます。

こちらは木屋町にあった老舗で超有名店「コロナ」の「玉子サンド」を正式に継承したお店です。

開店すぐに行列ができる有名店ですが、テレビでも紹介されたことのある「コロナの玉子サンド」がお目当てのお客さんが多く訪れます。

魔法のレストランでも、この「コロナの玉子サンド」が紹介されるようです(実は前にも一度紹介されています)。特徴的な厚み(10センチ近く)のサンドイッチです。

これは京都のだし巻き玉子で作ったサンドイッチです。これ、京都では結構見かけます。「だしまきサンド」と呼ばれているものです。

京都市南区の「スーパーオカモト」さんでも似たようなものが売られていたりします。(地図

コロナの玉子サンド 680円
コーヒー 400円~

しかし、なぜ「コロナの玉子サンド」というのでしょうか?

それには理由があります。

京都府京都市中京区上松屋町706−5
営業時間:
定休日:
URL:http://d.hatena.ne.jp/lamadrague/

レストラン コロナ

実は、喫茶マドラグで出している「コロナの玉子サンド」は、元々は木屋町にあった「レストラン コロナ」という老舗洋食店の名物サンドイッチだったのです。

それをマドラグのマスターが復活させて、名前も「コロナの玉子サンド」と名付けたので、マドラグなのにコロナと付くようになりました。

昭和20年にオープンして、70年間も木屋町で愛された「コロナ」は、2012年2月に閉店となったのですが、その意思を継いだというわけです。

ちなみに、コロナの店主は原昌二さん。引退したのが御年96歳という超高齢で、常連はいつも「今日が最後の日になるかもしれない」とか「もう閉店しているのではないか」とビクビクしながら通っていました。

なお、「コロナの店主だった原昌二さんが亡くなった後に復活させた」と書かれているブログもありますが、それは別の話と混同しています。

コロナの店主だった原昌二さんは、マドラグのマスターに味を伝授して、「コロナの玉子サンド」という名前を使っても良いというお墨付きを与えているのです。

亡くなったのは、マドラグのお店の前に営業していた「COFFEE セブン」の店長で、1963年に創業した「COFFEE セブン」の店長が2011年1月に亡くなり閉業したのを引き継いで、2011年9月に「喫茶マドラグ」が出来たという話と混同していると思われます。

つまり、喫茶マドラグさんは「店舗・味」を2つのお店から継承しているというわけです。

京都府京都市下京区西木屋町通四条下る船頭町201

2014/12/10、ジャニーズJr「京本大我」さんと「森田美勇人」さんが言っていた玉子サンドかと話題に


12/10放送「2014のボク!」で、ジャニーズJr「京本大我」さんと「森田美勇人」さんが、男二人の京都旅というのをやっていたのですが、「森田美勇人」さんが、たぶん喫茶マドラグの「玉子サンド」のことを話していました。

森田美勇人:鳥料理と朝の昼がたまごサンド!の、たまごがダシ巻きみたいなめちゃくちゃでかいのを挟んでるめっちゃジューシーなやつを!食べに行きました!

これ、喫茶マドラグの「玉子サンド」のことではないかと話題になっています。

テレビで話題になったグルメやお店の情報一覧はこちらです。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。