ハンコと印鑑の違い「ハンコください」は誤用

12月5日放送『この差って何ですか?』で、ハンコと印鑑は違うもの(ハンコと印鑑の差)というネタが紹介されるようです。これは20歳になって「ハンコ」を作って「印影」を役所で「印鑑登録」して「ハンコ」を「実印」にする時に「あ~、ハンコと印鑑って違うんだ」と気が付くことが多いと思います。

では「ハンコと印鑑の差」とは何なのでしょうか。

広告

宅配便で「印鑑ください」と言われた場合の意味


これは「ハンコ」でしょうか「印鑑」でしょうか

これは「ハンコ」でしょうか「印鑑」でしょうか

通販で買い物をすると届く荷物ですが、その際に「ハンコお願いします」と言われます。

私はハンコを取りに戻るのが面倒なので「サイン」で済ませますが、普通は玄関に「ハンコ」を常備していると思います。

しかし「印鑑ください」と言われた時はどうするでしょうか。

「印鑑をください」はハンコのアレを渡すという意味です

「印鑑をください」はハンコのアレを渡すという意味です

普通は「ハンコ」を差し出しているはずですが、この動作は正しいのです。

しかし「ハンコと印鑑は別物」です。

「印鑑と通帳をお持ちください」はハンコのアレを銀行に渡すという意味です

「印鑑と通帳をお持ちください」はハンコのアレを銀行に渡すという意味です

よく、銀行で「印鑑と通帳をお持ちください」と言われることがありますが、当然「ハンコと通帳」を持っていくと思います。

それでも「ハンコと印鑑は違うもの」です。

12月5日放送『この差って何ですか?』では、このネタが紹介されるということで「大人の常識?ハンコと印鑑の差」という予告をしています。

ハンコと印鑑の違い


印影 = 印鑑です

印影 = 印鑑です

「ハンコ」と「印鑑」の差は明白で、「ハンコ」はハンコそのもののことで、「印鑑」は「ハンコで捺した印影」のことを言います(厳密には銀行・役所で登録したら印鑑になる)。

ハンコ → 印影(印鑑)を捺すモノ
印鑑 → ハンコで捺した印影(銀行で登録すると印鑑、役所で登録すると実印)

「ハンコ」と「印鑑」の違いに気が付くのは、だいたい20歳になってからです。

20歳で成人式を迎えると、なぜか「実印」を作らされます。

この「実印」というは「ハンコ」の「印影」を役場で「印鑑登録」することで、そのハンコは「実印(印鑑)」になります。銀行で登録すると「印鑑」になります。

印鑑登録」というのは印影を登録することで「印鑑登録」と言い、「ハンコ」を登録するという意味ではないのです。

「ハンコください」と言われて、ハンコを渡すのは間違っていません

「ハンコください」と言われて、ハンコを渡すのは間違っていません

ということは、宅配便で「ハンコください」って言われたら「ハンコはあげられません」というのが正しい対応ということになります。(実際に言うといじわるなだけです)

「ハンコお願いします」→ 〇 (ハンコを持ってきてください)
「ハンコください」→ × (ハンコはあげられません)
「印鑑をください」→ × (正しくはハンコの印影を渡す)
「印鑑をお願いします」→ × (正しくはハンコの印影を渡す)

厳密には「ハンコ」というのは「印章」と言います。

ハンコで押した印を「印影」と言います。

現代ではこの「印影」を「印鑑」と呼んでいますが、元々は「印の登録簿」という意味で、銀行や役所などに登録すると「印鑑」になります。

この差って何ですか? 12月5日 予告


この差って何ですか? 12月5日 予告は以下の通りです。

外国人がワカラナイ日本の差
ハンコと印鑑の差…郵便物を受け取るとき、「ハンコ下さい」と言われる?「印鑑下さい」と言われる?大切な書類におすのは、ハンコ?印鑑?★実は「ハンコ下さい」は正しいけど「印鑑下さい」は間違っています!!ってどういうことだか説明できますか?日本人でもめちゃくちゃ勉強になるこのテーマ、ぜひぜひご覧下さい!


「この差って何ですか?」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。