探偵ナイトスクープで釣りをした水族館の場所はどこ?【神戸市立須磨海浜水族館】

神戸市立須磨海浜水族館が2019年6月21日放送の『探偵!ナイトスクープ』で紹介されるそうです。ナイトスクープといえば関西の人気番組で、視聴者の無理難題を解決する番組ですが、今回の依頼は「水族館で釣りが見たい!」というものです。

広告

探偵ナイトスクープで釣りをした水族館の場所はどこ?


探偵ナイトスクープで釣りをした水族館、これって「神戸市立須磨海浜水族館」ですよね

探偵ナイトスクープで釣りをした水族館、これって「神戸市立須磨海浜水族館」ですよね

2019年6月21日放送の『探偵!ナイトスクープ』で、なかなか見ることができない面白い依頼内容が放送されるそうです。

その依頼とは・・・・

水族館で釣りが見たい!

というもの。

水族館なら魚が釣られる状況がよく分かるはずだという依頼内容(探偵ナイトスクープ)

水族館なら魚が釣られる状況がよく分かるはずだという依頼内容(探偵ナイトスクープ)

水族館の水槽であれば、釣られる魚がどんな状況なのかよく分かるはずという依頼内容で、水槽のガラス越しに釣り風景を見るという内容です。

この水族館で釣りという話、水族館にとっては「超NGワード」ではあるのですが、この依頼を受けた水族館が関西にあるわけです。

では、その水族館とはどこにある何という水族館なのでしょうか?

実は、この水族館で釣りをした場所というのは・・・・

神戸市立須磨海浜水族館

なんです。

実は水族館でも釣りをすることがあるそうです。

魚を捕まえて健康状態をチェックするために釣り上げるそうなのです。

確認のために、神戸市立須磨海浜水族園さんの公式Twitterで確認したところ、確かに放送を示唆するような投稿がされていました。

間違いなく、2019年6月21日放送の『探偵!ナイトスクープ』で釣りをした水族館は「神戸市立須磨海浜水族園」だと言えますね。

では、この「神戸市立須磨海浜水族園」さん、どこにあるどんな水族館なのでしょうか。

神戸市立須磨海浜水族園ってどんな水族館?


神戸市立須磨海浜水族園のイルカショー

神戸市立須磨海浜水族園のイルカショー

神戸市立須磨海浜水族園さんは神戸市の須磨海浜公園という須磨海岸に併設された公園内にある市立の水族館です。

JR神戸線の駅名にもなっているほど有名な水族館ですが、探偵ナイトスクープの無茶な依頼に過去何度か応えている水族館です。

関西では「スマスイ(SUMASUI)」という愛称で親しまれている水族館で、イルカショーなども見られる大型観光施設となっています。

スマスイ(SUMASUI)のイルカショー

スマスイ(SUMASUI)のイルカショー

入園料はおとな1300円、高校生は800円、小中学生は500円で、3回以上行くなら年間パスポート(3000円)がお得です。

営業時間は「9時~17時」まで、7月~8月までは夜間開館も行われています。

今回の『探偵!ナイトスクープ』での撮影ロケも夜だったそうで、混雑しない夜に水族館を見るのも楽しそうですね。

神戸市立須磨海浜水族園への行き方(アクセス方法)

では「神戸市立須磨海浜水族園」への行き方(アクセス方法)についてです。

最寄り駅はJR神戸線「須磨海浜公園駅」から徒歩5分という場所で、京都から行く場合はJRでそのまま行くことができます。また「阪急 三宮駅」でJR「三ノ宮駅」に乗り換えて行く方法もありますね。

山陽電鉄本線「月見山駅」からならば徒歩10分ほどです。

駐車場案内については、公式サイトを見る方が良いでしょう。

探偵!ナイトスクープ 2019年6月21日 予告


探偵!ナイトスクープ 2019年6月21日 予告は以下の通りです。

夜の水族館で釣り&アーモンドチャレンジ&謎の絵しりとり
釣られる魚の様子が見たい!!依頼者の思いに応えるべく夜の水族館へ…。さらに家族全員で手を使わずアーモンドを食べる!!父と娘のバトル!そして謎だらけの絵しりとりとは!?


「探偵ナイトスクープ」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。