ほったらかし温泉 @山梨県 富士山が見える絶景温泉『秘密のケンミンSHOW』で紹介

秘密のケンミンSHOW』(ケンミンショー)の12月1日放送は『ダウンタウンDX』との合体版なのですが、その中で「芸能人が源泉!週末に行きたくなる絶景5連発」という企画があり、そこで山梨県の富士山が見える絶景温泉「ほったらかし温泉」が紹介されるようです。

では、その絶景温泉「ほったらかし温泉」とはどのような温泉なのでしょうか?

広告

山梨県の富士山が見える絶景温泉が『秘密のケンミンSHOW』で紹介される模様


山梨県の富士山が見える絶景温泉が『秘密のケンミンSHOW』で紹介される模様

山梨県の富士山が見える絶景温泉が『秘密のケンミンSHOW』で紹介される模様

山梨県にある人気の絶景温泉「ほったらかし温泉」が、12月1日放送の『秘密のケンミンSHOW/ダウンタウンDX』のテレビ予告を見ていたら一瞬だけ映っていました。

温泉名とかの記載はないのですが、風景に見える富士山(山頂部分)と山の上の景観は確かに「ほったらかし温泉」でした。

ほったらかし温泉♨️

T A I S H O S U Z U K Iさん(@lilman1996k)が投稿した写真 –

今の時期だともうそろそろ山には雪景色が見られる時期です。

場所は富士山の北側で山梨県山梨市にある有名な天然温泉です。

ほったらかし温泉 泉質はpH10.1の超美人の湯


京都にも同程度のアルカリ性温泉があります

京都にも同程度のアルカリ性温泉があります

ほったらかし温泉の泉質は「アルカリ性温泉」と呼ばれるもので、肌がツルツルすることで知られた泉質です。

第1源泉(こっちの湯) 強アルカリ(pH9.9)
第2源泉(あっちの湯) 強アルカリ(pH10.1)

予告で映っていたのは、アルカリ度が少し高い第2源泉「あっちの湯」の方で、広さが第1源泉の2倍あります。

ただ、どちらからも富士山を望む絶景が拝めます。

アルカリ性温泉」というのは一般的には「pH8.5~10未満」の温泉のことです。

皮膚の脂と反応して石けんに似た成分を作り出すため、ツルツルする温泉とされています。

ツルツルする温泉は「美人の湯」と呼ばれることがありますが、これは単純泉や炭酸水素塩泉も含む透明なお湯のことを言いいます。一般的にはサラサラしたお湯やツルツルするお湯を「美人の湯」というので、強アルカリ性温泉は「超美人の湯」とも言える温泉です。

京都だと竹田の「力の湯」がpH10.1ほどあります。(力の湯の紹介はこちらです

ほったらかし温泉 基本情報

名前は「ほったらかし温泉」となっていますがちゃんとした温泉施設です。

野湯のイメージがありますが、露天風呂は男女別で食事処などもあります。

入浴料も800円と観光地にしてはお手軽な価格帯です。

泉質は「強アルカリ性」のツルツル温泉で、これは私も好きな泉質のひとつです。

山梨県山梨市矢坪1669−18
入浴料:800円
営業時間:日の出1時間前~22時
定休日:年中無休
URL:http://www.hottarakashi-onsen.com/

Twitterの口コミや感想


「秘密のケンミンSHOW」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。