前島食堂 鶏焼肉 @三重県松坂市が『秘密のケンミンSHOW』で紹介

Sponsored Link

三重県にあるツーリングで寄ったこともある鶏焼肉専門店「前島食堂」さんが11月24日放送『秘密のケンミンショー』で紹介されるそうです。三重県松坂市は松阪牛という関西で一番おいしい牛肉が自慢の場所ですが、伊勢には「とり飯」、松坂市には「鶏焼肉」という食べ物もそこそこ知られています。

では「前島食堂」さんはどこにあって鶏焼肉というのはどのくらいのお値段で食べられるものなのでしょうか?

鶏焼肉 @三重県松坂市が『秘密のケンミンSHOW』で紹介


松阪牛 三重出身者はだいたい松阪牛自慢をしてきます

松阪牛 三重出身者はだいたい松阪牛自慢をしてきます

三重県の鶏肉が11月24日放送『秘密のケンミンSHOW』で紹介されます。

予告では「三重ケンミンは地元名物・松阪牛を食べない!? 焼肉の定番は鶏肉!? 謎の焼肉メニュー大調査!」と書かれています。

一応書いておくと、三重県では「松阪牛」の方がポピュラーです。

」が付いているので、いわゆるケンミンショー的な表現でしかありません。

ただし、三重県というと伊勢市にある「鶏めし」は超有名で、鶏肉もおいしいことで知られているのも事実です。

では三重県で有名な鶏焼肉とはどこにあって、どんな食べ物なのでしょうか?

三重県松阪市の鶏焼肉


三重県松坂市 伊勢の鶏めし以外にも松坂市に鶏焼肉専門店があります

三重県松坂市 伊勢の鶏めし以外にも松坂市に鶏焼肉専門店があります

その有名な鶏肉というのが「三重県松阪市の鶏焼肉」です。

鶏焼肉は特製のタレをつけた鶏肉を網焼きにした食べ物で、若どりのお肉を使っているのが一般的です。

お値段は1人前450円程度です。

で、その鶏焼肉で一番有名なのが「前島食堂」さんというお店なんです。

私はひとりで食べたのですが、鶏肉は安いので大人数で大量に鶏肉を並べて食べるとおいしいです。

ひとりだとめっちゃくちゃ侘しいです(笑)

では、前島食堂さんはどこにあるのでしょうか?

前島食堂

三重県松坂市にツーリングに行くとだいたい寄っちゃうのが「前島食堂」という鶏焼肉専門店です。

たぶん、ここが紹介されるはずですというか、ここが紹介されます。

若どり 450円
めす 450円
きも 450円
めし 大 190円
みそ汁 大 150円
キャベツ 100円
キムチ 80円
とり野菜 450円

国道166号(和歌山街道)沿いにあるお店で、昭和47年創業から続く秘伝の味噌タレが甘くて白米が進みます

ご飯も大きいどんぶりに入ったものが190円コスパもかなり良くて、行くと若どり1人前にご飯とみそ汁を頼むので1000円くらいですが「きも 450円」もオススメです。

松坂駅からはかなり遠いですが車やバイクならすぐです。駅から8キロほど離れていますがタクシーでも行けます。

でも、タクシーで行く値段考えたら、松坂駅前で松阪牛食べたほうがいいと思います。駅の北に「回転焼肉一升びん」という比較的安いお店があって、そこが有名なので、そこに行くと良いでしょう。(地図

ちなみに「松坂鶏焼肉のタレ」というのが売られています。

Sponsored Link


新商品!【その他の名産品】松阪鶏焼肉のたれ 460g

ちなみに、この松坂市にある前島食堂さんの鶏焼肉が『秘密のケンミンSHOW』で紹介されるのは・・・・

実は2回目です。

前回は2014年10月5日に「松坂鶏」として紹介されています。

三重県松阪市大河内町612−1
営業時間:10:30~18:30
定休日:金曜
URL:http://www.ms1.mctv.ne.jp/maeshima-syokudo/

Twitterの口コミや感想


「秘密のケンミンSHOW」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。