ローメン @長野県伊那市(いなし)が『秘密のケンミンSHOW』で紹介

Sponsored Link

長野県伊那市(いなし)のローメンが『秘密のケンミンSHOW』で紹介されます。これは羊肉をソースで炒めた焼きそばで伊那市名物(ご当地グルメ)です。しかし、実は・・・・これ京都にもあるのです。前半では伊那市(いなし)のローメンとは何か?後半では京都のローメンとは何かを書いています。

実はローメンは京都のローカルグルメだったのです!

長野県伊那市(いなし)のローメンが『秘密のケンミンSHOW』で紹介

長野県伊那市の名物といえば「ローメン」です。

そのローメンに『秘密のケンミンSHOW』の取材が入っていました。

取材は9/20前後に行われており、ローメン関係なさそうな場所で取材が行われていたのが判明しています。

きのこ王国(公式サイト
はびろ農業公園 みはらしファーム(公式サイト
菓子処 越後屋(地図

放送は11/10の『秘密のケンミンSHOW』で、予告では「そば王国長野の絶品麺!謎のローメン愛」となっていました。

長野県というよりも伊那市で「伊那ローメン」と呼ぶこともあります。

伊那市ではゆるキャラ「ローメン」君などがご当地グルメとしてPRもしています。

ローメンには焼きそば風とスープ風がある


ローメンとは羊肉の焼きそばのことで、スープ焼きそばになったものもあります。

・羊肉もしくは豚肉が入ったソース焼きそば
・焼きそば風とスープ風がある

スープ風ローメンのお店


スープ風ローメンのお店で知られるのは、ローメン発祥の地「萬里」さんと「あすなろ」さんです。

・萬里(地図
・あすなろ(地図

焼きそば風ローメンのお店


焼きそば風ローメンのお店で知られるのは、ローメン人気のお店「うしお」さんと「シャトレ」さんです。

・うしお(地図
・シャトレ(地図

萬里 ローメン発祥の地

ローメンは1955年8月に生まれ、発祥は「萬里」というお店だと言われています。

萬里のある国道361号線「入舟」交差点には「ローメン誕生の地」という石碑まで設置されています。

発祥の地である「萬里」はこの石碑の右路地を入ったところにあるお店です。

ローメン」という名前は、炒肉麺(チャーローメン)という中華風焼きそばの名前を短くしたものです。

お肉が羊肉で味がソースと独自の味付けで、もやは中華風焼きそばとは呼ばれず「ローメン」と呼ばれるのが一般になりました。

京都ではローメンといえば「からしそば」のこと

ちなみにケンミンショーで取材来てもいいんじゃないのと思っているのが京都の「からしそば」です。

これも実は・・・・

ローメンって呼ばれています。

これはカラシの入った中華餡かけソバのことです。

これは京都のローカルフードで、辛子麺(からしそば)とかローメンと呼ばれています。

食べられるのは大正13年創業の「ハマムラ」さんでイオンモールKYOTOとイオンモール桂川にもテナントが入っています。

ハマムラ 近鉄名店街みやこみち店(京都駅)
ハマムラ イオンモールKYOTO
ハマムラ イオンモール桂川

他にも北大路の「鳳飛」さんなどにもあります。

鳳飛(北大路、地図
白雲(北大路、地図
龍鳳(新京極六角、地図
鳳泉(河原町二条、地図
鳳舞楼(御所西、地図
平安(祇園、地図

ちなみに、京都で「鳳」の付く中華料理屋さんは元々は北大路の鴨川沿いにあった立派な中華料理店で修行したオーナーのお店で、京都では人気のおいしいと言われるお店が多いです。

私は鴨川にあったお店と、そこで修行した方のお店「鳳飛」さんは結構食べに行ってましたが、味はとにかくオスミツキです。本格中華で仕事帰りに寄って帰ったものです。


「秘密のケンミンSHOW」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。