いかなごの釘煮(くぎに)@兵庫県 秘密のケンミンショーで紹介

Sponsored Link

いかなごの釘煮(くぎに)は関西・神戸の郷土料理であり春の風物詩ですが、5/12放送『秘密のケンミンSHOW』(ケンミンショー)で紹介されます。関西ではスーパーなんかでも淡路島産のものが売っていますね。

イカナゴ(玉筋魚)という魚の稚魚を佃煮にしたもののことです。

秘密のケンミンショー 兵庫県神戸市垂水区塩屋町


5/12放送『秘密のケンミンSHOW』(ケンミンショー)で、兵庫県神戸市の「いかなごの釘煮(くぎに)」が紹介されると予告されていました。

いかなごの釘煮(くぎに)とは「兵庫県神戸市垂水区塩屋町」が発祥となったイカナゴという魚の佃煮のことです。

いかなごの釘煮(くぎに)とは?


いかなごのくぎ煮

関西の春の風物詩で「いかなご」という稚魚があるのですが、これはシラスに似ている魚のことです。総称して「白子」と呼ばれています。

シラスはイワシの稚魚ですが、イカナゴ(玉筋魚)はイカナゴです。関西ではポピュラーな食べ物ですが、知らない方は知らないと思います。

(1)淡路島などで取れる小さい魚
(2)玉筋魚と漢字で表記するが「イカナゴ」と読む
(3)神戸付近の郷土料理「いかなごの釘煮(くぎに)」で使われる
(4)旬は春で2月~4月くらいまで

イカナゴを炊いてから、水洗いして「醤油と砂糖・みりん・料理酒・水あめ・しょうが」で煮込んだ佃煮のことを「いかなごの釘煮(くぎに)」と呼んでいます。(冒頭の写真)

Sponsored Link


いかなごの釘煮は通販・お取り寄せが可能です。

これ、小さい頃になんだかんだで食卓に出ることがありました。まぁ、京都だと「ちりめん山椒」の方が多く出てきましたが。

いかなごのくぎ煮振興協会


いかなごのくぎ煮はご飯のお供

5/12放送『秘密のケンミンSHOW』(ケンミンショー)では、株式会社伍魚福の代表取締役の方が出演し、イカナゴのくぎ煮の魅力を語ることになっています。

実は、関西・神戸ではこの郷土料理「いかなごの釘煮」の協会「いかなごのくぎ煮振興協会」というのが存在するのです。

そして「くぎ煮検定」というものもあったりして、ネット上で検定することができます。(無料)

「くぎ煮」の由来は、見た目で「さびた釘」に似ているから、このように呼ばれているだけです。

これをご飯のお供にすると大変おいしいので、うちではおにぎりの具にするのが普通です。アツアツご飯より、なんか冷めたおにぎりとかが甘みが増しておいしい気がします。

URL:http://kugini.jp/

魚友 いかなごのくぎ煮発祥の地


いかなごのくぎ煮の発祥の地は、垂水区塩屋町にある「魚友」さんです。

大正8年(1919年)創業という老舗で、1935年から「いかなごのくぎ煮」を作り続けてきました。

ただ、2003年に休業となっており、すでにその歴史は閉じられております。

兵庫県神戸市垂水区塩屋町4丁目1-3
営業時間:9時~19時
定休日:火曜
URL:http://www.ne.jp/asahi/kobe/uotomo.com/top.html


「秘密のケンミンSHOW」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。