いか人参 福島の郷土料理 ケンミンショー

Sponsored Link

福島の中通り地方の郷土料理「いか人参(いかにんじん)」が、1/14放送『秘密のケンミンショー』で紹介されます。結構ポピュラーな料理なのですが、ポピュラーすぎて紹介されることも少ない郷土料理です。

今回は「いか人参(いかにんじん)」の作り方から、東京などでも可能な入手方法をご紹介します。

いか人参 福島


2016-01-14_093828

1/14放送『秘密のケンミンSHOW』で、福島の家庭料理「いか人参」が紹介されます。

スルメと人参を細切りにしたものを醤油・酒・みりんで味付けしたものです。ご飯のおともにするとおいしいです。

福島だとお正月のおせちにも入っていますが、普段からご家庭で作られるお料理です。

福島の中通り方面の郷土料理なんです。

福島は「さば味噌煮」や「味噌煮込みうどん」も知られていますが、他にも郷土料理が多くあります。(会津料理)

さば味噌煮
味噌煮込みうどん
味噌かんぷら←別記事あります
いかにんじん
棒鱈甘露煮(ぼうたらかんろに)

スターホテル郡山(福島県郡山市)で食べたことが


スターホテル郡山」さんで食べたことがあります。

Sponsored Link


スターホテル郡山

スターホテル郡山」さんの和朝食バイキングです。

大浴場と大きな駐車場もあって便利なホテルですが、朝食に和洋バイキングがあります。

楽天の出張プランだと8000円台で3000円のQUOカードが付くプランがあってWi-fi完備で朝食無料のシングルに泊まることができます。

一番安くて6000円台なので、福島(郡山)での滞在なら使えるホテルです。

いか人参 作り方


いか人参は、スルメとニンジンがあれば比較的簡単につくれます。

(1)スルメの胴体を細切りにして水洗い
(2)スルメを日本酒に1時間ほど漬ける
(3)人参を細切りにして塩と砂糖でもんで1時間放置
(4)人参を水洗いする
(5)醤油100cc+砂糖大さじ半分+塩小さじ半分+日本酒小さじ半分を沸騰直前まで煮る
(6)5でつくった煮汁にスルメと人参を漬け込んで48時間放置

とはいえ、めんどい気もします。

そういう場合は通販です。

いか人参 通販


スルメをハサミで切るのは面倒だし、漬け込む時間も長いので、スーパーなどで見つけたら購入するのも良いでしょう。

お手軽お気楽なのは通販です。

Sponsored Link


[あたまがふくしまちゃん]の大好物!福島の郷土料理『西野屋のいか人参(いかにんじん)500g』

いか人参は福島ではポピュラーな郷土料理なので、通販でも普通に購入することができます。

日本橋ふくしま館

東京だと、日本橋にある「日本橋ふくしま館」で売っていると思います。

「特選カタログ」に掲載されていました。

お値段は、80g入りで270円(税込)です。

いか人参」と「いか大根」が売られています。

テレビでもよく出てくるお店なので、お近くなら行ってみると良いでしょう。

1/15~17まで「飯坂温泉まるごとフェア」が開催中で、実はそこで「いか人参」の試食・販売が行われます。タイムリーですね。

東京都中央区日本橋室町4丁目3−16
営業時間:11時~20時(土日祝は18時まで)
定休日:年末年始
URL:http://midette.com/

宮城謎の根っこ鍋とは?


他にも、1/14放送では「宮城謎の根っこ鍋」が紹介されます。

それはいったいなんなのでしょうか?

こちらで解き明かしています。

秘密のケンミンショー 1/14 予告


『秘密のケンミンショー』の1/14放送分予告は以下のとおりです。

ケンミンSHOW…松本&浜田緊急参戦!宮城謎の根っこ鍋&福島超熱愛イカにんじん▽ダウンタウンDX…みの&久本大暴れ!アッコ&亀田も参戦!ジモン解説全国肉フェス!


「秘密のケンミンSHOW」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。