明石市では「明石焼」を「玉子焼」と呼んでいる

今回は明石市の名物「明石焼」の話です。明石市民は地元の「明石焼」を別の名前で呼んでいます。実は明石では「明石焼」を「玉子焼」と呼んでいます。

それはなぜなのでしょうか? これは食べたことがないと分からないことです。

広告

地元の明石市では「明石焼」を「玉子焼」と呼ぶ


地元明石でマニアが絶賛する「玉子焼(明石焼)」がこれ(今中)

地元明石でマニアが絶賛する「玉子焼(明石焼)」がこれ(今中)

兵庫県の明石市で有名な食べ物といえば「明石焼」です。

関西では、比較的見る食べ物で、私も東京から移住した時に、あらためて「明石焼」とよく耳にすることに気がつきました。

でも、実はこの「明石焼き」は地元ではそう呼ばれないのです。

では、いったいなんて呼ばれているのでしょうか?

実は、明石の人々は「明石焼」を「玉子焼」と呼ぶのです。

広告


十三味の明石玉 (明石焼) 4皿セット

明石焼を玉子焼と呼ぶのは公式見解


2015-11-17_184749

明石焼という名前は聞くことがあると思います。

しかし、明石焼が別名で呼ばれていることは、あまり知られていません。

とはいえ、これは「明石観光協会」では「玉子焼」と呼ぶのが正しいと書いてあります。

地元では「玉子焼」の名で親しまれ、別名「明石焼」として全国的に知られています。

明確に、別名が「明石焼」と書いてあります。

では、なぜ「明石焼」を「玉子焼」と呼ぶのでしょうか?

明石焼とたこ焼の違い


これが明石焼き、タコ以外には何も入っていない

これが明石焼き、タコ以外には何も入っていない

明石焼には、タコが入っています。

一見すると、たこ焼きにも見えるのですが、食べ物としては全く異なる別物です。

たこ焼きは明石焼きがルーツなのですが、大阪で完全に別の食べ物に変化しているのです。

大正八年に、明石市で玉子焼きの屋台でつくる玉子焼きが評判になり、それが大阪に伝わったりしたのですが、それが進化したものが今のタコ焼きになっています。

では「明石焼」と「たこ焼き」何が違うのでしょうか?

・生地がトロトロしており柔らかい
・玉子焼きの味がする
・昆布出汁と玉子に「じん粉」を使って生地を作る
・この「じん粉」で生地をふんわりと柔らかいものになる
・具材はタコのみ
・昆布出汁またはソースで食べる
明石焼きに欠かせない「じんこ」

明石焼きに欠かせない「じんこ」

「明石焼」と「たこ焼き」は大きな違いは、「明石焼」は玉子焼きの味がするということです。

また、小麦のでんぷんである「じん粉(じんこ)」を使っているのも特徴で、これが玉子をふんわりとしてくれるのです。

食べれば一目瞭然で「明石焼」と「たこ焼き」は完全に別物です。

「明石焼」と「たこ焼き」は完全に別物なので「玉子焼き」なのです


「明石焼」の味は「玉子焼き」です

「明石焼」の味は「玉子焼き」です

明石焼」と「たこ焼き」は完全に別物なので、地元の明石市では「玉子焼き」と読んでいるのです。

味はまさに「玉子焼き」だからです。

でも、これを他のエリアに「玉子焼き」で持っていっても、普通の玉子焼きと区別がつかないので「明石焼」という名前で呼んでいるところもあるわけです。

本当の明石ダコを使った卵焼きはどこにある?


本当の「玉子焼(明石焼)」が食べられるお店は少ない

本当の「玉子焼(明石焼)」が食べられるお店は少ない

さて、明石市では「玉子焼」というご当地グルメがあって、他の地域では「明石焼」と呼ばれていることは分かっていただけたかと思います。

しかし、最近では地元の明石でも「明石ダコ」が使われた本当の「玉子焼(明石焼)」は数えるほどしかありません。

本ブログの調査では「今中(いまなか)」さんでは、明石ダコが使われているのを確認しており、本物の玉子焼を食べたいのであれば、このお店をオススメしたいと思います。

詳しい実食レビューもありますので、そちらもぜひご覧ください。

Twitterの口コミや感想


「秘密のケンミンSHOW」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。