あら浜 田園 はらこ飯 宮城・仙台 10/29 ケンミンショー

Sponsored Link

宮城熱愛はらこ飯が10/29放送『秘密のケンミンSHOW 秋風薫る鮭づくし』で紹介されます。はらこめしといえば、宮城自慢の素材であるイクラをのせた丼もののことです。宮城県ではお弁当でも「はらこめし」持って行くほどのグルメです。今回は仙台市にある「あら浜」さんと亘理町「田園」さんの「はらこ飯」が紹介されます。

宮城ケンミンがお弁当でも食べるという秋味(秋の味覚)である「はらこ飯」とはどのようなものなのでしょうか?

ケンミンショー 10/29 はらこ飯(はらこめし)


鮭の煮汁を加えて炊いたご飯の上に、脂ののった雄鮭の身と生イクラをのせたシンプルな丼が「はらこ飯」です。

今回は、宮城ケンミン熱愛グルメということで、お昼のお弁当でも「はらこめし」を持ち歩く宮城県民が紹介されます。

紹介されるお店は、「あら浜」さんと「和風レストラン田園」さんです。

また、仙台市の「ペットショップ ハバナデー」さんの手作り「はらこめし弁当」も紹介されます。

Sponsored Link


宮城・亘理名産はらこめしセット4人前イクラと鮭のおいしいご当地グルメ郷土料理期間限定今が旬の海鮮【宮城県_物産展】

あら浜

仙台市内の青葉区にある「あら浜」さんで、はらこ飯を食べることができます。はらこ飯は9月初旬~12月くらいまでの限定ニューですが、今年は8月末から出していたそうです。

ランチの場合「はらこ飯」は1620円で提供されており、ハーフサイズが1296円となっています。

季節ごとに宮城名物が変わり、春は『ほっきめし』、夏は『しゃこめし』に『あなごめし』、秋は『はらこめし』で、冬は『かきめし』と一年中なんか楽しめます。これらを「四季飯」と呼んでいるそうです。

町中なので、アクセスなど観光の際には便利なお店です。以前は、亘理町荒浜にあったので「あら浜」という屋号なのですが、震災で一時閉業して、市内で復活しました。

夜などは予約がないと満席の場合があるので注意が必要です。

荒浜にある山田屋さんが「はらこ飯」の通販もされています。

Sponsored Link


【送料無料】みやぎの秋の味覚わたり・荒浜『本場 はらこめし』セット5人前 冷凍 宮城産ササニシキ4合プレゼント!【はらこ飯・ハラコメシ】現在注文殺到により発送まで2〜4日いただいております!

宮城県仙台市青葉区本町1丁目10−15
営業時間:11:30~14時、17時~21時(金土祝日前は22時まで営業)
定休日:月曜(祝日は営業で翌日休み)
予約:022-263-0840
Facebook

あら浜さんは町中のお店なので、車などでしたら駐車場の広い次で紹介する「和風レストラン田園」さんに行くと良いでしょう。

和風レストラン田園

混雑時は2時間待ちになるほどのお店が「和風レストラン田園」(宮城県亘理町)さんです。

こちらではお弁当も販売されていますが、今の時期はちょうど秋限定商品「はらこ飯定食」(1620円)を堪能できます。

9月上旬~12月中旬の秋限定メニューなので、食べるなら今です。

なお、お持ち帰り用の「はらこめし折」は大が1512円、小が1188円で販売もされています。

宮城県亘理郡亘理町逢隈上郡上147
営業時間:10:30~20:30
定休日:水曜(祝日は営業で翌日休み)
URL:http://denen-miyagi.com/

亘理店以外にもお店があって、最近リニューアルした山元店もあります。

宮城県民はお弁当でもはらこ飯

宮城県民はお弁当でもはらこ飯を持ち歩くそうです。

たしかに、ご飯に鮭とイクラをのせるだけなので簡単ですよね。

今回は、仙台市の「ペットショップ ハバナデー」さんの手作り「はらこめし弁当」が紹介されます。

Sponsored Link


いくら


「秘密のケンミンSHOW」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Twitterの口コミや感想

「まとめまとめ」というサイトに記事概要が転用されている件


2015年10月頃から、和歌山県の「まとめまとめ」というサイトに記事概要が転用されているのを確認しています。

転用されているのは、記事の趣旨だけ、もしくは記事の趣旨と概要文です。

「お墨付き!」とは一切無関係です。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。