【くろふねロール】黒船菓子店スーパージャムロールケーキ(千葉県茂原市)

Sponsored Link

7/30『秘密のケンミンSHOW』で千葉県茂原市の甘そうなものがたっぷり入ったロールケーキが紹介されます。有名とまでは行かないけど、千葉に住んだことがあるなら聞いたことはあるはずです。これは茂原市の「黒船菓子店」にある「スーパージャムロール」という商品です。

創業1939年の老舗で、イチゴジャムが大量に詰まったロールケーキがあるお店として千葉では知られています。

7/30の秘密のケンミンSHOW


7/30放送の『秘密のケンミンSHOW』で「茂原市に住む千葉ケンミンは、めちゃくちゃ甘そうな“あるもの”が大量に入った“謎のロールケーキ”が大好き!?」という話が紹介されます。

我々は普段から「どすどすぇぇ」とか言っていますが、東京大田区や千葉県にも詳しいということで、千葉県でロールケーキというと「谷津ロール」か「スーパージャムロール」しかないなと推測しました。

黒船菓子店

「スーパージャムロール」というのは、千葉県茂原市にある「黒船菓子店」の名物ロールケーキ「くろふねロール」のひとつです。

「くろふねロール」は茂原市にある「黒船菓子店」さんの名物ロールの総称で、以前もテレビで取り上げられたことがあります。

7/30に放送される『秘密のケンミンSHOW』で紹介されるのは「スーパージャムロール」で間違いありません。

なぜなら「黒船菓子店」さん自身がリークしているからです(笑)

創業は1939年と古いお店で、私(フード担当)が千葉に住んでいた頃から知られたお店でした。

千葉県茂原市早野2357
営業時間:10時~19時
定休日:火曜
URL:https://www.facebook.com/kurofunemobara

スーパージャムロール

「黒船菓子店」の名物ロールケーキ「くろふねロール」ですが、中にイチゴジャムが詰まったロールケーキ「スーパージャムロール」が一番知られています。

他にも「バタークリーム」が入った「くろふねロール」もあります。

スーパージャムロール」は、創業当時からの人気商品で、地元ではテレビなどちょくちょく紹介されていたりします。

Sponsored Link


手作りのイチゴジャムと生クリームとのマッチング!!古代より奥州の地に伝わる古代米を使用した黒いロールケーキ『奥州古代米ロール』【楽ギフ_のし】【楽ギフ_包装】【がんばろう!岩手】【2sp_120405_b】

スーパージャムロールは創業1939年からの主力商品


この「黒船菓子店」さんは確か三代目なのですが、この「スーパージャムロール」は創業時からある商品です。

ジャムが60%以上あり、スポンジケーキは30%程度と、ジャムの方が多いロールケーキなのです。

「スーパージャムロール」は一本でお値段は1400円くらいするはずですが、もうだいぶ前のことなので忘れました。

昔、千葉に住んでいた頃は毎日千葉中を走り回る仕事をしていたのですが、その時に一度だけ食べたことがあります。

普通に苺ジャムが大量に入ったロールケーキでした(笑)

谷津ロール

今回紹介はされませんが、同じ千葉県で有名なロールケーキといえば「谷津ロール」です。

谷津駅の南にある「ル・パティシエ・ヨコヤマ」という小さな洋菓子店の名物ロールですが、以前放送していた『TVチャンピオン』で3連覇したという猛者のお店です。

千葉県習志野市谷津4丁目8−45
URL:http://www.p-yokoyama.jp/

Sponsored Link


日本一食べづらいお菓子に選ばれました ハスカップジャムのロールケーキ よいとまけ 1本【北海道スイーツ】


「秘密のケンミンSHOW」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。