定義山の三角油揚げ @仙台市「行列ができる定義山とうふ店」が秘密のケンミンSHOWで紹介

宮城県仙台市青葉区の定義山(西方寺)門前にある豆腐店「定義山とうふ店」さんの名物「定義山の三角油揚げ」が『秘密のケンミンSHOW極』で紹介されるそうです。肉厚の油揚げを醤油と七味にんにくで食べる仙台グルメ(山奥グルメ)のひとつで、山奥にもかかわらず行列ができることで知られています。

定義山の三角油揚げ が『秘密のケンミンSHOW極』で紹介


定義山の三角油揚げ が『秘密のケンミンSHOW極』で紹介されます

定義山の三角油揚げ が『秘密のケンミンSHOW極』で紹介されます

2020年8月20日放送の『秘密のケンミンSHOW極』で、宮城県仙台市の山奥にある行列ができる豆腐店「定義とうふ店」さんが紹介されるそうです。

予告では「宮城県行列80人超!超極厚油揚げ」とあり、極楽残西方寺の参拝者に人気がある「定義山の三角油揚げ」が紹介されることが分かります。

三角油揚げというのは、その名の通りで油揚げを三角に揚げたものを醤油で食べるという山奥グルメのことです。

上の写真が実物の「定義山の三角油揚げ」で、ひとつ130円で販売されています。

定義山名物の「七味にんにく」をたっぷりかけて食べると美味しい仙台グルメです。

油揚げですが厚揚げみたいな厚さです(定義山の三角油揚げ)

油揚げですが厚揚げみたいな厚さです(定義山の三角油揚げ)

厚揚げ並みに肉厚な油揚げで、揚げたてを店頭で販売しています。

その名のとおり「定義山」にあるのですが、極楽山西方寺がありその参拝者に人気となっていて行列ができることも多いお店です。

販売している「定義山とうふ店」の創業は明治23年、創業100年以上の老舗で、元は西方寺(定義山)の精進料理用の豆腐を作るために始まったのだそうです。

朝8時~16時まで「定義山の三角油揚げ」を購入することができます。

定義山とうふ店 営業情報


西方寺(定義山)の門前でも販売されています

西方寺(定義山)の門前でも販売されています

では、この「定義山の三角油揚げ」を販売している行列ができる「定義山とうふ店」はどこにあるのでしょうか?

場所は「宮城県仙台市青葉区大倉下道」で、西方寺(定義山)の門前にあるお店です。

地方発送もしているので公式サイトから注文可能だったりします。

営業時間は季節で変わるので公式サイトでチェックしておくと良いでしょう。

〒989-3213 宮城県仙台市青葉区大倉下道1−2(地図
営業時間:8時~16時
公式サイト:http://www.sankaku-age.jp/

このお店の口コミは?

秘密のケンミンSHOW極 2020年8月20日 予告


秘密のケンミンSHOW極 2020年8月20日 で「定義山の三角油揚げ」が紹介される予定です。

その他にもたくさんの「最強おでかけグルメ」が紹介されます。

遠くても食べに行きたい!最強おでかけグルメ祭り
最強おでかけグルメ祭り開催!宮城県行列80人超!超極厚油揚げ!福井県超新鮮ふわとろ食感イカ丼登場!富山県ダシ命!サラっとひんやりそう麺!山口県豪快(秘)山賊焼き登場


「秘密のケンミンSHOW」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。