魚力 定食屋 キャメルバックの玉子サンド@渋谷区神山町 本木雅弘 ウエンツ瑛士 富ヶ谷アポなしグルメ旅

Sponsored Link

渋谷区の神山町にある定食屋「魚力」(うおりき)さんとキャメルバック(Camelback)「すしやの玉子サンド 350円」が10/11放送『火曜サプライズ』で紹介されます。「本木雅弘と富ヶ谷アポなしグルメ旅」という企画でウエンツ瑛士さんと本木雅弘さんが立ち寄ったようです。

神山町は代々木公園の南にある落ち着いたオシャレな街ですが、本木雅弘さんが新婚時代に住んでいたそうです。

鮮魚 魚力(渋谷区神山町)

渋谷区神山町の鮮魚店「魚力」さんが、10/11放送『火曜サプライズ』で紹介されるようです。

本木雅弘と富ヶ谷アポなしグルメ旅」という企画で立ち寄ったようですが、本木雅弘さんとウエンツ瑛士さんの目撃情報は一切なく、街に溶け込んでの撮影ロケだったと推測されます。

今回訪問したのは、明治創業の魚屋「魚力」で、その直営店の定食屋さんです。確か、2010年頃にも一度ここにアポなしロケをしていたと思いますので二度目の方法かと思います。

魚力(うおりき)さんは、なんとご飯とお味噌汁がおかわり自由のお店で、20年程前に定食屋さんも始めたそうです。

各種定食 1030円
銀だら塩コショー焼き 1410円

場所は代々木公園の南でNHK放送センターに近いところにありますが、すぐ北の富ヶ谷エリアは本木雅弘さんが新婚時代に住んでいたという街とのことで、ここら辺を街歩きロケしています。他にも「元寿司職人が作るたまごサンドが人気という店」に立ち寄ったとされていました。これは「キャメルバック(Camelback)」というお店のことです。(後述)

井の頭通りから2本裏道に入った通りなので多少分かりづらいかもしれません。

東京都渋谷区神山町40−4
営業時間:11時~14時、18時~21時
定休日:日曜
URL:http://www.uoriki6709.com/

キャメルバック(Camelback)

先ほどの「魚力」さんから徒歩1分ほどのところにある元寿司職人がつくる絶品玉子サンドのお店「キャメルバック サンドウィッチ&エスプレッソ」さんにもアポなしロケをしたようです。

こちらは、元寿司職人ですが寿司屋さんではなく洒落たサンドイッチのお店です。

ここにあるのが「すしやの玉子サンド 350円」という商品で、このあたりでは美味しいと評判になっているお店です。

東京都渋谷区神山町42 神山町42−2
営業時間:9時~19時
定休日:月曜
URL:http://www.camelback.tokyo/

火曜サプライズ 10/11 予告


火曜サプライズ 10/11 予告は以下のとおりです。

本木雅弘が新婚時代に住んでいたという富ヶ谷でアポなしグルメ旅!
住んでいた頃に奥様と通ったという店や、地元の人に教えてもらった
元寿司職人が作るたまごサンドが人気という店にアポなし交渉!
そして本木がどうしても行きたい店があるという事で新宿や青山へ。
さらに、どうしても会いたい人がいるという事で代々木八幡へ。
本木の会いたい人とは?そこで、本木が歌を熱唱!一体何が!?
さらに、妻の両親・内田裕也&樹木希林の話や、3人の子供たちの話、
シブがき隊の解散秘話など、他では聞けない暴露トークを連発する。



Twitterの口コミや感想

神山町に出来ていたキャメルバックというコーヒーとバゲットサンドの店。アイコンが可愛い。 焼菓子店ブームの後に最近雨後のタケノコの如く出てきたサンドイッチ店たち。コーヒーとサンドイッチなんてど真ん中な組み合わせじゃん…と思いつつ食したら、ちゃんと美味しかったしちゃんと工夫されてる。ウワサの付け合わせ、お寿司屋さんの卵も、伊達じゃなかった。 私が絶大なる信頼を置いている花屋「葉花」に来たら、また寄ろう。 #オクシブ #神山町 #キャメルバックサンドイッチアンドエスプレッソ #葉花 #サンドイッチ #tokyo

Marie Kさん(@mariemarietrip)が投稿した写真 –

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。