キラメキノトリ @京都の超濃厚な鶏白湯ラーメン『今ちゃんの実は』で紹介

11月22日放送の『今ちゃんの実は』で京都御所に近い「らーめんキラメキノトリ」さんが紹介されます。鶏100%の白湯スープのラーメン店で、予告では「京大生のソウルフード」とか「超濃厚な鶏白湯スープ」と紹介されるようです。

では、京都の「キラメキノトリ」さんはどのようなラーメンなのでしょうか。

広告

京都の超濃厚な鶏白湯ラーメン『今ちゃんの実は』で紹介


11月22日放送の『今ちゃんの実は』で紹介される「らーめんキラメキノトリ」

11月22日放送の『今ちゃんの実は』で紹介される「らーめんキラメキノトリ」

京都市上京区出水町の「らーめんキラメキノトリ」さんが、11月22日放送の『今ちゃんの実は』で紹介されます。

京都では「鶏白湯のラーメン」と「台湾まぜそば」で知られるラーメン店で、京都市内に7店舗ほど展開しているラーメングループです。

11月22日放送の『今ちゃんの実は』では、京都の「岡崎エリア」でグルメ探しをするという内容になっているのですが、実際に紹介されるのは「御所エリア」にある出水町の「キラメキノトリ本店」さんです。(岡崎から歩いて行くことは可能です)

キラメキノトリの鶏白湯スープとは


キラメキノトリの鶏白湯スープ

キラメキノトリの鶏白湯スープ

キラメキグループは、だいたいどこも同じメニュー構成ですが、店によっては少し異なる場合もあります。

今回紹介される「キラメキノトリ」さんは、本店ということもあり一番スタンダートな「キラメキノトリ」です。

・自家製麺
・鶏のみを煮込んで作るスープで鶏100%
・台湾まぜそば

キラメキノトリさんの大きな特徴は3つあるのですが、予告でも「超濃厚な鶏白湯スープ」と紹介されるようです。

鶏を丸ごと食べているかのようなうまみとコク」とも予告されており、「京大生のソウルフード」とも書かれていました。

「京大生のソウルフード」かどうかは疑問ですが、「超濃厚な鶏白湯」というと一乗寺の「極鶏」か「キラメキノトリ」などが候補として出てきます。

美味しいという話であれば「キラメキノトリ」さんでしょう。

スープは鶏ポタ系の白湯で、100%鶏だけで出汁を取っています。

台湾まぜそば(追いめし付き)

台湾まぜそば(追いめし付き)

キラメキノトリに行くなら、ぜひ「台湾まぜそば」も食べてみてもらいたいです。

見た目も上品だし、繊細な仕事を感じる一杯です。

京都に「台湾まぜそば」を持ち込んだのは、たぶん「キラメキノトリ」さんが初くらいだと思います。

キラメキノトリ 基本情報


キラメキノトリ 外観

キラメキノトリ 外観

キラメキノトリさんの場所ですが、平安神宮のある岡崎エリアから丸太町通を西へ、鴨川(神宮丸太町)を越えて御所手前にあるお店です。

いわゆる「荒神口」という場所で、河原町通沿いに店舗があります。

繁華街からも歩いて行くことは可能で、平安神宮からだと徒歩20分くらいです。さすがに、河原町からは徒歩30分くらいかかりますが、京阪電車で「神宮丸太町駅」まで行けば近いです。

立地的に駐車場などはありません。

京都府京都市上京区出水町281
営業時間:11時~15時、18時~23時
定休日:不定休
URL:http://kiramekinotori.main.jp/

今ちゃんの実は 11月22日 予告


他にも「ラ プティ セヌ」さんと「山元麺蔵」さんも紹介されます。(リンクで該当記事へ)

今ちゃんの実は 11月22日 予告は以下の通りです。

サバンナのグルメロケは“秋の京都シリーズ”第2弾!今回は”平安神宮”周辺で名店を巡る。”岡崎エリア”と呼ばれるこの地域は、美術館や公園などが密集し、北側には京都大学がある京都屈指の文教地区。地元の銭湯を訪れたサバンナは、食べ歩きが趣味という京大生から「京大生のソウルフード」ともいわれる超人気ラーメンの情報を得る。京都は名店がしのぎを削る“ラーメン激戦区”。そのなかでも「一番アツい!」と彼がイチオシするこちらの自慢は、超濃厚な鶏白湯スープ!「鶏を丸ごと食べている」かのようなうまみとコクが特徴の逸品で、「京都No.1」と言っても過言ではないおいしさだという。


「今ちゃんの実は」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。