餃子王 @京都・岡崎 日本語が通じない中国料理店が『今ちゃんの実は』で紹介

京都の岡崎エリア、平安神宮の近くにある中国人夫妻が経営する餃子専門店「餃子王」さんが、2019年5月29日放送の 今ちゃんの『実は・・・』の「群雄割拠の餃子激戦区で天下を制しそうな、京都民オススメの名店」のひとつとして紹介されるそうです。

広告

京都・岡崎エリアの餃子店「餃子王」が『今ちゃんの実は』で紹介


京都・岡崎エリアの餃子店「餃子王」が『今ちゃんの実は』で紹介

京都・岡崎エリアの餃子店「餃子王」が『今ちゃんの実は』で紹介

京都の岡崎エリアに、日本語が通じない中国料理店があります。

その名も「餃子王(ぎょうざわん)」という餃子専門店なのですが、地元でもあまり知られていないお店です。

その「餃子王」さんが、2019年5月29日放送の 今ちゃんの『実は・・・』の餃子特集「京都餃子キングダム」が紹介されるようなのです。

予告では「群雄割拠の餃子激戦区で天下を制しそうな、京都民オススメの名店」とあり、3店舗が紹介される中の1店舗として「餃子王」さんの水餃子が紹介されるとのことでした。

餃子の歩兵
・チャイナキッチン餃子王
餃子ごずこん

他にも、有名な「餃子の歩兵」さん(リンク先記事参照)、さらにあまり知られていませんが「やしきたかじんさんが愛した絶品餃子」が食べられるお店「餃子ごずこん」さんも紹介されます。

日本語が通じない中国料理店「餃子王」


日本語が通じない中国料理店「餃子王」さんは東大路沿いにあります

日本語が通じない中国料理店「餃子王」さんは東大路沿いにあります

さて、この日本語が通じない中国料理店「餃子王」さんは東大路沿いにあります。

岡崎疎水のところ(冷泉通)の少し北側で、営業は夜のみ(土曜日は昼も営業)という餃子店です。

注文はメニューに書かれている数字で行うようになっているので、日本語が通じなくても注文はできるようになっています。

餃子王のメニューと値段、餃子は400円から

餃子王のメニューと値段、餃子は400円から

・水餃子 7個 500円~(粗挽き肉、海老、ラム肉&パクチー)
・焼餃子 6個 400円

餃子以外にも、麺類や炒飯もあります。

餃子は明治・大正時代に「扁食 (ヘンシー)」と呼ばれる中国料理として紹介され、日本では焼餃子が食べられるようになりました(リンク先は扁食の解説記事)。

反面、中国では水餃子が基本なので、こちらの「餃子王」さんでもメインは水餃子となっています。

餃子王 営業時間やアクセス方法


熊野神社の近くにある「餃子王」

熊野神社の近くにある「餃子王」

では「餃子王」さんはどこにある餃子専門店なのでしょうか。

今回紹介される「餃子王」さんがあるのは岡崎エリアの東大路通沿いで、熊野神社の南側になります。

営業時間は「17時~22時」で、定休日は「日曜日、月曜日」です。土曜日だけは昼営業も行われています。

注文はメニュー番号を紙に書いて伝えることになっています。

京都府京都市中京区梅屋町500−1
営業時間:17時~22時、土曜日のみ12時~14時も営業
定休日:水曜日

餃子王 SNSの口コミや評判(感想)

今ちゃんの実は 2019年5月29日 予告


今ちゃんの実は 2019年5月29日 予告は以下の通りです。

「餃子キングダム」状態となっている京都!激アツ餃子の名店3軒…本場中国の水餃子&関西超大御所が愛した焼餃子とは?▽結婚式サプライズの為に大鯛を釣り上げる!
サバンナの銭湯グルメ企画では、市内の中心地だけで20軒以上の餃子専門店がしのぎを削る“餃子キングダム”京都を調査!群雄割拠の激戦区で天下を制しそうな、地元民オススメの名店を巡る!“実は…水産”シリーズ 「実は…結婚式を挙げる新郎に届けよ!お祝いの象徴!引く力は横綱級!オオダイを狙え!」翌日に結婚式を挙げるという新郎さんからの依頼で、おめでたい席にうってつけの魚“オオダイ”を仕留めるべく日本海へと乗り出す!今夜も解いてスッキリしげお謎! ヒントは、「勝敗を表す記号とは?」です!


「今ちゃんの実は」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。