相良油田 @静岡県の地下に貴重な資源が?『日本人の3割しか知らないこと』で紹介

Sponsored Link

11/3放送『日本人の3割しか知らないこと』で「お茶だけじゃない!静岡県の地下から世界最高水準の貴重なアレがとれる!?」と静岡県が紹介されるのですが、いったい何なのでしょうか?

ということで、いつもの予測シリーズです。

追記:実際の番組を見たので答え合わせを追記しました。ちなみに「石油」でした。

静岡県の地下から世界最高水準の貴重な資源がとれるらしい


静岡県の地下に貴重な地下資源が埋まっているらしい

静岡県の地下に貴重な地下資源が埋まっているらしい

11/3放送『日本人の3割しか知らないこと』で気になる企画が放送されるようです。

お茶だけじゃない!静岡県の地下から世界最高水準の貴重なアレがとれる!?

静岡県の地下からなにやら貴重な地下資源が採掘されるということだと思います。

その世界最高水準の貴重なものとはいったい何なのでしょうか?

うっかりさっぱり分からないので、超・能力であらゆるものを読み取るあの男に聞いてみました・・・・

温泉担当 「せ、せせっせせ千里眼は地下は見えない・・・ん、ダなっ!」

まったくもって使えない能力です(笑)

すると、フード担当が淡々とした口調でこんなことを言い出したのです!

フード担当 「あー、たぶんとある豪華絢爛なコーヒーが出てくるんじゃないかい?」

は? コーヒー? それも豪華絢爛!?

土肥金山


静岡県の「土肥金山」から採れる黄金のコーヒー

静岡県の「土肥金山」から採れる黄金のコーヒー

実は・・・・

お茶だけじゃない!静岡県の地下から世界最高水準の貴重なアレがとれる!?

というのは、静岡県が誇る日本第二位の金山「土肥金山(といきんざん)」のことだとフード担当は言うのです。

静岡県の伊豆市にある金山で、江戸時代から昭和初期にかけて栄えた金山です。

フード担当が言うには、たぶん静岡のこの「土肥金山(といきんざん)」が紹介されるのではということでした。

その「土肥金山」では金粉を入れたコーヒーが飲めるということで、それでフード担当は知っていたようですが「土肥金山」とか普通は知らないですよね。

ただ、今はもちろん金を掘っているわけではないので、もしかしたら別の資源かもしれません。

静岡県伊豆市土肥2726
URL:http://www.toikinzan.com/

相良油田資料館 答え合わせ「石油」でした


ということで、実際に番組を見たところ「日本にはないと思っていたもの」とされていました。

金山は日本にはあるので、別のもののようです。

答えは・・・・静岡県牧之原市から出る石油でした。

確かにありますね(笑)

牧之原市には「相良油田資料館」というのがあり、太平洋側で唯一の石油産出地としても知られています。

静岡というのは「富士山金山石油」がある土地で、ものすごいところなんですね!

ちなみに、放送時間は2分もありませんでした。

静岡県牧之原市菅ケ谷

日本人の3割しか知らないこと 11/3 予告


日本人の3割しか知らないこと 11/3 予告は以下の通りです。

日本のスゴイところSP!静岡の地下から貴重なアレがとれる!?お城でよく見かける○○は非常事態に役立つ!?日本のスゴイ技術で泥水が飲める!?▼殻をむかず味付け卵が作れる
テレビや雑誌・ネットなどで知ったこと他人に話しても大丈夫?もしかして有名な話かも…アンケート調査でわかった本当に自慢できる3割しか知らないことを紹介!!▼こんなにある日本のスゴイところSP!こんな本まで…日本のあらゆる本が読める国会図書館の驚きのシステム!?選挙の投票が記述式なのはなぜ…日本人のスゴイ能力が関係してた!?実は日本は世界で一番○○…日本の知られざるNo.1を連発!!▼日焼け止めクリーム超活用


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。