内藤とうがらし @新宿 江戸時代の唐辛子『ごはんジャパン』で紹介

内藤とうがらし」が10月7日放送『ごはんジャパン』で紹介されます。かつて、江戸の内藤新宿で栽培されていた唐辛子のことです。唐辛子は珍しいものではありませんが、こういう地域ブランド化された「唐辛子」というのは歴史を感じさせて良い商売方法だなと思います。

なお、京都でも「七味唐辛子」の専門店がたくさんあります。

広告

新宿でかつて栽培されていた「内藤とうがらし」が『ごはんジャパン』で紹介


新宿でかつて栽培されていた「内藤とうがらし」が紹介されます

新宿でかつて栽培されていた「内藤とうがらし」が紹介されます

10月7日放送『ごはんジャパン』で東京・三鷹にて400年ぶりに復活した伝統の江戸野菜「内藤とうがらし」が紹介されます。

内藤というのは「内藤新宿」のことで、今の新宿の名前の由来になった地域のことです。

今の「新宿御苑」のところが、かつて「内藤新宿」と呼ばれるエリアで、ここでは「とうがらし」がかつて栽培されていました。

唐辛子は草木に花のようにつける実で、かつての「内藤新宿」は一面の唐辛子畑だったに違いありません。

広告


情熱の! 新宿内藤とうがらし ~新宿名物誕生物語~【電子書籍】[ 成田重行 ]

内藤とうがらし


かつての「新宿御苑」には唐辛子畑があったとされています

かつての「新宿御苑」には唐辛子畑があったとされています

内藤とうがらしというのは、今の新宿御苑付近で栽培されていた江戸時代の唐辛子です。

江戸時代に、蕎麦に唐辛子をかけて食べるのがブームになり、内藤家が唐辛子を栽培していたことから始まります。

内藤家というのは内藤藩のことで、徳川家康から領地をいただき「南北は大久保から千駄ヶ谷、搭載は四谷から代々木」までの所領を持っていました。

その後、その領地に宿場町ができて「内藤新宿」と呼ばれるようになっています。

現在の「内藤とうがらし」は、それを復刻したもので、地域ブランドとして売り出しています。

唐辛子も地域ブランド化すれば売れる


京都・北野天満宮前にある唐辛子のお店

京都・北野天満宮前にある唐辛子のお店

注目したいのは、こういった地域ブランド化にした「とうがらし」の販売という点です。

唐辛子というのは日本でも珍しいものではありません。

京都でも「唐辛子」は有名で「七味唐辛子」のお店が古くからあります。

特に、神社の鳥居の脇に「一味唐辛子」のお店があるのですが、今でも参道にお店が残っていたりします。

特に唐辛子は歴史を感じさせる売り方が重要です。

こういったブランド化が進んだのは、現在では輸入された外国産が多いからですが、ブランド化することでメディアの注目度を上げる方法は非常に効果的だと思います。

なお、京都では七味唐辛子専門店なんかがあって、配合を調合してくれる老舗が多くあります。

地元だと北野白梅町の「長文屋」さんなんかはマイ七味がつくれるのでオススメです。

京都府京都市北区北野下白梅町54−8
営業時間:10時~18時
定休日:水曜、木曜

Twitterの口コミや感想

ごはんジャパン 10月7日 予告


ごはんジャパン 10月7日 予告は以下の通りです。

400年ぶりに復活した江戸の伝統野菜“内藤とうがらし”。そのおいしさの秘密を求め、イタリアンの小倉知巳シェフと菊池桃子が、東京・三鷹へ!ペペロンチーノを作る!!
今回注目する食材は、400年ぶりに復活したという江戸の伝統野菜“内藤とうがらし”。そのおいしさの秘密を求めて、本場イタリアで修業を積み、2016年に1つ星を獲得した注目のシェフ・小倉知巳さんと菊池桃子が、東京・三鷹を訪れ、唐辛子の収穫を体験。生でかじってみた小倉シェフは、内藤とうがらしの甘味とうま味に感動!サンマを使った、具だくさんの“内藤とうがらしのペペロンチーノ”をふるまう。江戸時代、蕎麦に唐辛子をかけて食べるのが庶民の間で流行した時、新宿には内藤家の屋敷がありその畑で作られていたため、この名で呼ばれるようになったという。その後、町が発展すると共に畑はなくなり、内藤とうがらしはいつしか作られなくなった。一度は途絶えた内藤とうがらしを復活させた農家たち。その想いに応えるべく、小倉シェフの作ったペペロンチーノにはなぜか唐辛子の姿が見えない!?はたして、おいしさの秘密とは!?


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。