入梅イワシ @千葉「漁師料理の店ばんや」が『ごはんジャパン』で紹介

6月17日放送『ごはんジャパン』で千葉県九十九里で獲れる「入梅イワシ」が紹介されます。予告を見ていると「漁師料理の店ばんや」さんというお店でイタリアン片岡護シェフが「入梅イワシ」を料理しているのが紹介されていました。

実際に今が旬の「入梅イワシ」を入手したので実食レビューします。

広告

入梅イワシが『ごはんジャパン』で紹介


入梅イワシが『ごはんジャパン』で紹介

入梅イワシが『ごはんジャパン』で紹介

入梅イワシ」というのをご存知でしょうか?

イワシは梅雨の時期が産卵前で一番脂がのって美味しいと言われますが、その時期の旬のイワシを「入梅イワシ」と呼ぶのです。

今の時期だと千葉県の銚子港で水揚げされる「入梅イワシ」がニュースになったりしますが、6月17日放送『ごはんジャパン』でも千葉県九十九里で獲れる「入梅イワシ」が紹介されます。

イタリアン片岡護シェフが「入梅イワシ」を料理するお店は「漁師料理の店ばんや」さんというお店です。

ということで、さっそく「入梅イワシ」を入手して食べてみたので実食レビューします。

入梅イワシ 実食レビュー


入梅イワシは梅雨の時期に獲れる産卵前のイワシのことです

入梅イワシは梅雨の時期に獲れる産卵前のイワシのことです

京都でもイワシは簡単に入手できて、それでいてお安いので、今が旬の「入梅イワシ」を食べないわけにはいかないということで、さっそく「北山 魚伊」さんまで行って買ってきました。

お値段は2尾で180円です。

三枚おろしにしてもらったのですが、ひとりで2尾あれば白米と一緒に食べて十分お腹いっぱいになります。

脂がのあっておいしいイワシです

脂がのあっておいしいイワシです

これを「タタキ焼き」にして食べてみたところ、産卵前のイワシで脂も十分のってコクがものすごくありました。

お魚屋さんで聞いたところ、今の時期ならやっぱり「タタキがうまい」とのことでした。

イワシのタタキは脂が一番おいしく味わえます

イワシのタタキは脂が一番おいしく味わえます

実際に食べてみると、醤油をつけなくても塩味が効いたイワシのコクがたっぷりの美味しいイワシでした。

これでご飯2杯食べきってしまったほどです。

焼き魚も身が柔らかくて、すぐに身がほぐれるほどでした。

どちらも何もつけなくても塩味とイワシ本来の味で味わえるので、何もつけないのがオススメです。

漁師料理の店ばんや

入梅イワシ」ですが、日本中どこでも食べることができるお魚なので入手は困難ではありません。

通販などよりも地元のお魚屋さんがスーパーで買えば、今の時期は「入梅イワシ」です。

千葉県の方なら、『ごはんジャパン』で料理するお店「漁師料理の店ばんや」さんまで行くのもひとつの方法でしょう。

広告


イワシ 入梅イワシ 鰯 北海道産 他 築地直送 約150-200g/尾x5尾 脂イワシ

千葉県山武郡九十九里町不動堂450
営業時間:10時~20:30
定休日:不定休(だいたい火曜日)
URL:http://99banya.com/
Twitter:https://twitter.com/oguriyama0115

ごはんジャパン 6月17日 予告


ごはんジャパン 6月17日 予告は以下の通りです。

千葉県九十九里産のイワシ。中でも今の時期が最も美味と言われる入梅イワシを求めて、イタリアン片岡護シェフと雛形あきこが現地へ。“イタリアン蒲焼き”を披露!!
房総半島東側の刑部岬から太東岬まで、南北約66キロメートルに広がる千葉県・九十九里浜。江戸時代からイワシ漁が盛んで、特にこの時期のイワシは、産卵前で脂がのっているため1年で最もおいしいと言われ、“入梅イワシ”と呼ばれている。そのおいしさの秘密を求めて、イタリア料理界の重鎮・片岡護シェフと雛形あきこが現地へ。イワシを使って、片岡シェフが“イタリアン蒲焼き”を披露する!!番組では、命がけのイワシの“まき網漁”に密着。イワシの群れを見つけると、2隻の船で網を投げ入れ一気に取り囲み、大型クレーンで運搬船へすくい揚げる。“魚”ヘンに“弱”と書くほど鮮度の落ちが早いイワシの漁は、時間が勝負!大きく傾く船の上で、命がけでイワシを獲る漁は圧巻!!そんなたくましい漁師たちに、片岡シェフがイワシを使った“イタリアン蒲焼き”を振る舞う!


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。