カトー青果の梨と桃 蔵王酪農センターのチーズ 10/1放送『ごはんジャパン』で紹介

Sponsored Link

宮城県の蔵王の青果店「カトー青果」とチーズ専門店「蔵王酪農センター」が10/1放送『ごはんジャパン』で紹介されます。「蔵王酪農センター」はクリーミースプレッドがテレビでもよく紹介されています。高原地帯なので乳製品や果物の生産が盛んな地域です。

ただし、今回はゲストの澤穂希さん(日本女子サッカー代表選手)結婚おめでとう回みたいです。

カトー青果 蔵王酪農センター 10/1放送『ごはんジャパン』で紹介


ごはんジャパンで蔵王のチーズと梨・桃が紹介されます

ごはんジャパンで蔵王のチーズと梨・桃が紹介されます

10/1放送『ごはんジャパン』で宮城県蔵王町のチーズと果物が紹介されます。

予告を見ると「蔵王酪農センター」のチーズが紹介されるのがわかります。

あと、ゲストの澤穂希さんが梨を食べていますが「カトー青果」さんという宮城県道12号沿いにある青果店です。

(1)蔵王酪農センター
(2)カトー青果

蔵王は広大な高原地帯で水のおいしいエリアですが、福島がかなり近い場所でもあります。

蔵王

蔵王

カトー青果

宮城県道12号(フルーツライン)沿いにある青果店「カトー青果」さんです。

こちらでは梨と桃を購入して、ケーキの材料にしたと思われます。

カトー青果さんは遠刈田温泉のすぐ近くにあり、「みやぎ蔵王 ゆうきや」さんというスモークナッツ専門店も経営されているようです。

宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉小妻坂55−1
営業時間:8:30~18時
定休日:4/10~12月中旬のみ営業
URL:http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/noenkan/cyokubaijyo-n-kato-.html

蔵王酪農センター

チーズは「蔵王酪農センター」さんのものを使用したようです。

こちらは遠刈田温泉の南で国道457号沿いにある「蔵王チーズ」というブランドチーズを製造販売しているお店です。

チーズキャビンというチーズの直販店があり、チーズコンテストで金賞を受賞した「蔵王クリームチーズ」はかなり有名でテレビでもよく紹介されています。

商品の通販についてはこちらで紹介していますのでご覧ください。

Sponsored Link


【宮城県_物産展】【がんばろう!宮城】蔵王クリームチーズ詰合せ【4個入り】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】

宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉七日原251−4
営業時間:9時~17時
定休日:
URL:http://www.zao-cheese.or.jp/

10/1放送『ごはんジャパン』予告


10/1放送『ごはんジャパン』予告は以下のとおりです。

今回注目する食材は、宮城・蔵王町産のチーズとフルーツ。パティシエの辻口博啓氏が、女子サッカー界のレジェンド・澤穂希さんのために蔵王町の絶品フルーツやチーズを使い、豪華スイーツを作る。まずは果樹園や直売所が並ぶ“フルーツライン”とよばれる通りを訪れ、梨と桃をゲット!その後、蔵王山麓に広がる、“蔵王酪農センター”へ。こだわりのクリームチーズをはじめ、さまざまなチーズ料理をご馳走になり、大満足!!番組では蔵王町産のチーズがおいしい理由を科学的な視点から探っていく。そのキーワードは“母牛の健康とミルクの関係”だというが、そこにはどんな秘密が隠されているのか!?そしていよいよ、辻口氏がスイーツ作りに挑戦!フルーツラインで収穫した梨と桃、そして蔵王酪農センターのクリームチーズを使って3種類のケーキを作るというが、いったいどんなスイーツが出来上がるのか!?ゴージャスなスイーツに、澤さんも大感激!!


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。