茨城県大洗 天然岩ガキがシーズン 街中にはどこでも牡蠣フライがある

Sponsored Link

この季節になると食べたくなるのが「牡蠣」(カキ)で、夏だと岩牡蠣のシーズンです。茨城県の大洗町なんかは巨大・岩牡蠣で知られており、町中ではどこにも牡蠣フライを食べることができる町です。京都だと錦市場に生カキのお店「大安」さんで1個500円程度で舞鶴産の岩牡蠣を食べることができます。

通販でも今は岩牡蠣は入手できて、5~7個(2.5kg)で送料税込み3800円程度です。

岩牡蠣が食べたい!今なら大洗がシーズン


岩牡蠣が食べたい!今なら大洗がシーズン

岩牡蠣が食べたい!今なら大洗がシーズン

茨城県の大洗といえば「ガルパン」と「岩ガキ」の町です。

ちょうど今の夏になると「岩牡蠣」のシーズンで、冬になると「真牡蠣」のシーズンと一年中牡蠣が食べられるイメージです。

夏 岩牡蠣
冬 真牡蠣

大洗の岩牡蠣というと巨大なカキ

大洗の岩牡蠣というと巨大なカキ

そんな大洗では、街中どこにでもカキフライがメニューにあるのですが、大きなカキなのでカキフライにすると、とても巨大なカキフライになることで知られています。

そんな中、大洗で岩ガキフライというと、オススメと言われているのが「炭火屋しちりん」さんというお店です。

しちりん カキフライ(茨城県大洗町)

大洗でカキフライというと、有名なのは「炭火屋しちりん」さんでしょう。

あずみさんがポイントカードになっているお店です。

ではなく、巨大岩牡蠣のカキフライが、とてもジューシーだと評判のお店です。

夕方から「岩牡蠣フライ定食&ジョキでイチゴジュース」(限定10食、1500円)とかのセットもあるようです、

茨城県東茨城郡大洗町磯浜町3476-1
営業時間:11:30~14:30、17:30~21時
定休日:月曜
Twitter:https://twitter.com/FOwLlVvTIjNRhtf

通販でも岩牡蠣は購入可能


通販でも今は岩牡蠣は入手できて、5~7個(2.5kg)で送料税込み3800円程度です。

Sponsored Link


天然活き岩牡蠣 特大 5〜7個(2.5kg)【送料無料】【佐賀関産/生食/岩ガキ/生カキ/活きカキ/殻付/九州/大分】【楽ギフ_のし宛書】

京都で岩牡蠣はいくらで食べられる?


京都だと「京都オイスターバー ラ・プラージュ・ドール」というお店があります。 (地図

岩牡蠣 4個 3680円
岩牡蠣 6個 5230円
岩牡蠣 9個 7680円
岩牡蠣 12個 9890円

給料八ヶ月分くらいです。

ただ、大きなカキフライもあって、それだと3個で1500円なので、少しお安い感じです。

あと、錦市場入ったところに、カウンターで牡蠣が食べられる屋台があって、外国人に人気があるお店があります。

岩ガキ(京都舞鶴産) 626円
カキフライ 626円

「京都錦市場の牡蠣の店」とか呼ばれていますが「生がきの大安」(だいやす)というお店です。

ここだと岩牡蠣1個から食べることができます。今はないですが、冬から春にかけての「真かき」だと250円からあります。

夏だと岩かき(秋から夏)480円からです。1年中売ってます。

京都府京都市中京区中魚屋町509
営業時間:
定休日:
URL:http://www.kyoto-nishiki-daiyasu.com/


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。