ウニ牧場 岩手県洋野町の増殖溝が7/23『ごはんジャパン』で紹介

Sponsored Link

ウニ牧場は、岩手県洋野町(旧:種市町)のウニの養殖場(増殖溝)で育ったウニのことで、ワカメや昆布を食べて育ち甘くて濃厚なウニのことです。このウニが7/23の『ごはんジャパン』で紹介されます。

ちょうど今が旬で東京のイベントや通販で入手可能です。

ウニ牧場(岩手県洋野町の増殖溝)

岩手県洋野町の「ウニ牧場」が、7/23放送『ごはんジャパン』で紹介されます。

岩手県洋野町(旧:種市町)は岩手県最北の町で、「洋野」は「ひろの」と読みます。

この「岩手県洋野町」には全国で唯一の「ウニ牧場」があります。正確には「増殖溝」と呼ばれています。

「稚ウニ」という小さいウニが放牧されている海の岩盤に溝を掘った養殖場のことで、これは日本でも洋野町にしかないものです。上の地図写真に海の中に溝のようなものが見えると思います。

撮影ロケは、ウニの水揚げ量が多い種市町で6月に行われていました。

岩手県洋野町のウニが美味しい理由


この岩手県洋野町のウニ牧場(増殖溝)ですが、海の岩盤を串状に削ったもので、栄養豊かな海水が流れ込み、昆布やワカメが繁殖して、それを餌にしたウニが育ちます。

ワカメを食べたウニは美味しくなり、大きく育つころで美味しくなるとされています。

味は、濃厚な甘みがあるウニと言われ、通販でも気軽に購入が可能となっていました。

このように気軽に地方のおいしいものが食べられるのは良いですよね。

Sponsored Link


岩手県洋野町のウニ

のものキッチン(秋葉原・池袋)で朝採れ生ウニ丼が発売

この「ウニ牧場」のウニを直接食べることができるイベントが、もうすぐ東京で開始されます。

2016/7/27~7/28で、この岩手県洋野町の「ウニ牧場」の最高級のキタムラサキウニを朝に収穫して販売するイベントが行われてます。

東京で食べるなら、これがチャンスですね。

(1)1日30食限定
(2)ネットでの予約販売のうえで、現地で店内飲食
(3)予約は7/25 12時まで
(4)お値段は3480円
(5)7/28は秋葉原店(完売)
(6)7/27~7/28は池袋東口店(まだあります)

東京都豊島区南池袋1丁目28−2
http://www.net-ekinaka.com/shop/e/e212/

2016年は時化(しけ)の影響で水揚げ量が減っている模様


本来なら7月頃がこの洋野町では、ウニが旬になってきますが、今年は悪天候で低気圧の影響から時化(しけ)日が続いたとのことで、水揚げが遅れています。

食べられる時に食べた方がよさそうですね。


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。