松山一寸そらまめ 川端努さん@愛媛県松前町 ごはんジャパン

Sponsored Link

松山一寸そらまめは愛媛県伊予郡松前町(まさきちょう)で生産される大粒の空豆のことです。それが5/28放送『ごはんジャパン』で紹介されるのですが、その生産者として松前町の川端努さんが紹介されるようです。

では、松山一寸そらまめとはどのようなものなのでしょうか?

ごはんジャパン


5/28放送『ごはんジャパン』で、愛媛県伊予郡松前町の「松山一寸そらまめ」を生産する農家・川端努さんが紹介されるようです。

愛媛は温暖な気候で、ミカンの有名な産地ですが、こういった温暖な気候を好むのはミカンだけではありません。今回紹介される「そら豆」も温暖な気候で育つ作物で、特に海からの湿った風が育成を早めます。

一寸そらまめは通販なども可能ではあるのですが、産地指定は難しいようです。

Sponsored Link


【予約】九州・和歌山産他 ”一寸豆(そら豆)” Mサイズ 約2kg(冷蔵便)(4月以降発送)

松山一寸そらまめ


そらまめ

愛媛県はソラマメ生産量が全国3位の土地です。

その愛媛県の松山市周辺で生産される空豆が「松山一寸そらまめ」で、地域のブランド野菜として認定された名前です。

品種としては「陵西一寸」と呼ばれるもので、出荷時期は4月下旬~5月にかけて、ちょうど今の時期に旬が訪れていることになります。

清水一寸(大阪の河内一寸を愛媛に持ち帰ったもの)
陵西一寸(りょうさいいっすん)
愛のそら(清水一寸と春風一寸の交配品種)

空豆は大阪の「清水一寸」が知られていますが、それを愛媛に持ち帰って栽培されています。

最近では「愛のそら」という新品種も売り出されており、これらに共通するのが、豆の大きさが一寸(約3.3センチ)という大粒の豆であることです。

今回の放送では、この大粒の空豆を使った料理を浅田舞さんが取材した様子が放送されるとのことでした。

Sponsored Link


一寸豆(そら豆)

ごはんジャパン 5/28 予告


ごはんジャパン 5/28 予告は以下のとおりです。

そら豆のおいしさの秘密を求めて熊谷喜八シェフと浅田舞が愛媛県松前町へ!その甘さにほれ込んだシェフが、そら豆と鯛を合わせた豪華お祝いメニューを作る!!
今回注目する食材は、愛媛県松前町(まさきちょう)産のそら豆。熊谷喜八シェフと浅田舞が現地を訪れる。松山城で有名な松山市から車で20分ほどの位置にある、松前町。2人はそら豆を育てて40年以上の大ベテランの夫婦を訪ねる。2人はさっそく収穫のお手伝いを申し出るが、とれたてのそら豆をむいた2人はその大きさと美しさにビックリ!さらに生のまま食べるとその甘さに感動する!!そら豆がおいしく育つ理由とは!?丹精込めて育てられたそら豆に感激した熊谷シェフは、57年間、農業に打ち込んできた匠夫婦をお祝いする料理を贈ろうと決意!シェフが考えたのは、瀬戸内産の鯛をそら豆と豪華にコラボさせた“真鯛のポワレ そら豆ソース”。長年、そら豆を育ててきた匠を「おいしすぎて何も言えない!」とうならせた、このひと皿。そこに隠された、おいしさの秘密とは…!?


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。