遊子のじゃがいも@愛媛県宇和島遊子水荷浦の新じゃが ごはんジャパン

Sponsored Link

遊子のじゃがいも(ゆすのじゃがいも)は愛媛県宇和島の遊子水荷浦(ゆすみずがうら)という段々畑で栽培されているホクホクの新じゃがで、それが5/7放送『ごはんジャパン』で紹介されます。

新じゃがなのにホクホクしている秘密は、その段々畑で栽培されていることにあります。

ごはんジャパン


愛媛県宇和島

遊子のじゃがいも(ゆすのじゃがいも)は愛媛県宇和島の遊子水荷浦(ゆすみずがうら)という段々畑で栽培されているホクホクの新じゃがのことです。

それが、5/7放送『ごはんジャパン』で紹介されます。

遊子水荷浦(ゆすみずがうら)は「四国のマチュピチュ」とも表されるという天高くそびえる段々畑で、国の重要文化的景観にも指定されている景勝です。

遊子のじゃがいも


遊子のじゃがいもの「遊子」は「ゆす」と読みます。

遊子水荷浦(ゆすみずがうら)の段々畑で栽培されている新じゃがが「遊子のじゃがいも」というブランドじゃがいもです。平たくいうと男爵いもです。

段々畑は山の傾斜に山頂まで続く長いもので、ひとつひとつの幅は1メートルほどしかありません。

そのため、日光がよく当たるのですが、この石垣に秘密があって、石垣が日光で温まることで、土の中の温度も上がるという仕組みになっているのです。

さらに、傾斜なので水はけがめちゃくちゃ良いという条件もそろうのです。

Sponsored Link


【遊子10】遊子の段畑じゃがいも10kg(サイズ込み)入荷開始!ご注文順に順次発送となります。【愛媛県産】【全国どこでも送料無料】

新じゃがですが、栽培条件が良いということもあり、ホクホク感が味わえる新じゃがです。

普通の新じゃがは少しシャキシャキ感があるのですが、遊子のじゃがいもは皮ごと食べられるやわらかさがあります。

そのため「バター焼き」「コロッケ」「じゃがいもグラタン」「煮物」「カレー」などで使うことができます。

5/7放送『ごはんジャパン』では、たぶんそのあたりの立地条件をテーマにしてくると思われます。

ごはんジャパン 5/7 予告


ごはんジャパン 5/7 予告は以下のとおりです。

愛媛・宇和島産の新ジャガイモのおいしさの理由を求めて米村昌泰シェフと元大関・把瑠都が現地へ!急斜面の絶景段畑で栽培されている、特別な新ジャガの秘密とは…!?
今回注目する食材は、愛媛・宇和島産の新ジャガイモ。そのおいしさの秘密を求めて、素材にこだわった創作料理で高い評価を得ている米村昌泰シェフと大相撲の元大関・把瑠都が現地を訪れる。新ジャガは瑞々しい味わいと皮ごと食べられるのが特徴。しかし、その瑞々しさゆえに、食感はホクホクではなくシャキシャキだといわれているが、今回はその常識を覆す、ホクホク感をも味わえる特別な新ジャガだという。その秘密を探る。国の重要文化的景観に指定されている愛媛県宇和島の、遊子水荷浦(ゆすみずがうら)の段々畑。1段の幅がたった1メートルほどしかない急な段々畑で、新ジャガの収穫を体験!さらに、石垣の補修も手伝う。実は、新ジャガのおいしさの鍵を握るのは、この石垣。はたして、どんな効果があるのか!?さらに米村シェフが「甘くて子どもたちも楽しめる新ジャガ料理」を披露!料理に秘められた、米村シェフならではのテクニックとは…!?


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。