どんこ(冬茹)大分県佐伯市最高級シイタケ ごはんジャパン

Sponsored Link

大分県佐伯市の最高級シイタケ「どんこ」(冬茹)が4/9放送の『ごはんジャパン』で紹介されます。お出汁を取るために使われることで多く、こだわりのウドン店などで使われる食材です。

入手は比較的容易で通販なども可能となっています。

『ごはんジャパン』でどんこ(冬茹)が紹介される


肉厚シイタケ「どんこ」がごはんジャパンで紹介

肉厚シイタケ「どんこ」がごはんジャパンで紹介されます。放送は、4/9で大分県佐伯市にある原木林で栽培される干し椎茸として紹介されます。

どんこ(冬茹)は「冬子」とも書きますが、呼び方としては、香信(こうしん)などとも呼ばれます。これは傘の開き方で呼び名を買えているだけです。

冬子・冬茹(どんこ) → 香信(こうしん)→ バレ

今回は「ドンコ(冬茹)」が紹介されるので、まだ傘が開いていない肉厚状態のシイタケが紹介されることになります。

ドンコといえば出汁


ドンコといえば出汁を取るのに使うという印象があります。しかし、肉厚なのでバター焼きなどで食べるという方法もあります。

ドンコで取ったウドン出汁は「レンチオニン」の成分で、香りが強くなるのが特徴で、出汁に使うのがオススメとされています。

どんこ料理(冬茹)


どんこ料理(冬茹)というと、その肉厚を活かした料理がよく見られます。

例えば、ステーキのようにバター焼きにしたり、フライにしたりするのです。肉厚だから出来るのであって、普通の椎茸だと見た目はイマイチです。

ドンコ(冬茹)ならではの料理ですね!

フライ
バター焼き
煮物
ウドンのお出汁

冬茹(どんこ)の通販


冬茹(どんこ)で検索しないと出てきませんが、お出汁用の干し椎茸としてよく売られています。

同じ読み方で、ドンコ(鈍甲)という魚もいるのです。

そのため、購入する場合は冬茹(どんこ)で検索すると良いでしょう。

Sponsored Link


ドンコ(冬茹)最高級シイタケ


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。