下田S級サザエ@青木さざえ店が旨い!【ごはんジャパン】

Sponsored Link

4/2放送の『ごはんジャパン』で、南伊豆町にある下田S級サザエが紹介されます。S級さざえを販売しているのが弓ヶ浜にあるお店で「青木さざえ店」さんと言います。海産物販売と食堂もあり、名物の「伊勢海老ラーメン」発祥の地としても知られています。

青木さざえ店さんとは、どのようなお店なのでしょうか?

ヨルナンデス2016は何処に行ったのか?(沖縄・函館・下田)

下田S級サザエ


2016-04-02_160642

下田S級サザエというのは、400g以上のサザエのことで、下田の神子元島(みこもとしま)で獲れたサザエのことを言います。

神子元島というのは、下田港の南沖合11キロのところにある小さな島で、ダイビングスポットとしても知られていますが、潜水漁も行われており、地元の漁師さんが手で獲ってくるサザエが「下田S級サザエ」というブランドで販売されているのです。

黒潮の栄養を十分に取り込むため大きなサザエになるのですが、地元でも希少なサザエとして「幻のサザエ」とも言われています。普通のサザエの2倍ほどの大きさになることもあります。

下田S級サザエの値段は、キロ2400円です。伊勢エビはキロ7900円なので、それよりかは安いですね。

平たくいえば、ひとつ1000円以上する計算です。

青木さざえ店の場所

下田のS級サザエが食べられるのが「青木さざえ店」さんという海産物販売店と飲食処のあるお店です。

弓ケ浜海水浴場のすぐ近くにあり、伊豆急下田駅からだと車で20分ほどかかる場所にあります。

それでも、絶品の「伊勢海老ラーメン」が食べられる元祖のお店ということで知られています。

静岡県賀茂郡南伊豆町湊894-53
営業時間:8時~18時(土日祝は19時まで)
定休日:無休
URL:http://aoki-sazae.com/

Sponsored Link


【送料込】化粧箱セット・サザエ 100g(10個入)【※※同梱不可商品です※※】

ごはんジャパン 4/2 予告


ごはんジャパン 4/2 予告は以下のとおりです。

特大サイズS級のサザエのおいしさの秘密を求めて、フレンチの吉野建シェフと元シンクロナイズドスイミング日本代表・青木愛さんが、南伊豆町へ。
ランシェフとゲストが日本各地に赴き、四季折々のおいしい食材を探求すると共に、おいしさの秘密を科学的に紐解いていく。今回注目する食材は、伊豆の巨大サザエ。地元で“S級”とよばれる特大サイズのサザエのおいしさの秘密を求めて、フレンチの吉野建シェフと元シンクロナイズドスイミング日本代表・青木愛さんが伊豆半島の最南端、南伊豆町を訪れる。南伊豆町にやって来た2人は、サザエ漁の匠の漁に同行。元シンクロナイズドスイミング日本代表の青木愛さんが得意の泳ぎを生かしてサザエ漁を手伝う。漁を終えた後、“サザエの壺焼き”や“サザエとイセエビの味噌鍋”をいただく。ごちそうになったお礼に、吉野シェフがとれたてのS級サザエを使って南伊豆ならではのフランス料理をふるまうことに!


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。