まろやか豆腐@お豆ふ処うめだ屋がごはんジャパンで紹介 秩父長瀞町

Sponsored Link

3/5放送『ごはんジャパン』で埼玉県秩父長瀞町の「まろやか豆腐」が紹介されます。「お豆ふ処うめだ屋」さんで食べることができます。

最近、素材の選び方が変わってきて良い番組になってきました。裏番組に猛追しそうです。

ごはんジャパン


2016-03-05_162255

3/5放送『ごはんジャパン』で埼玉県秩父長瀞町「お豆ふ処うめだ屋」さんが紹介されます。

今回のテーマは、秩父の名水で作った「まろやか豆腐」です。

秩父の長瀞は名水が沸くエリアで、渓流下りなどもできる「長瀞渓谷」もあります。

絶景を見つつ、名水を楽しむことができる場所です。

まろやか豆腐 埼玉県秩父郡長瀞町


2016-03-05_160527

埼玉県秩父郡長瀞町は秩父でも名勝の多いエリアで、観光地としては抜群のロケーションの土地です。

長瀞渓谷とか、超ド絶景です。

そこにある「まろやか豆腐」というのが、秩父の「お豆ふ処うめだ屋」さんのお豆腐です。

秩父は水がおいしいエリアで、その名水を使ったお豆腐です。

この辺だと、夏は「安佐美冷蔵」でかき氷を食べてからの、「お豆ふ処うめだ屋」で豆腐を食べるのは定番コースになっています。

お豆ふ処うめだ屋

今回紹介されるお店は、秩父にある「お豆ふ処うめだ屋」さんというお店です。

古い古民家の風情あるお店ですが、こちらでは本格手造り豆腐を自ら作って料理として出すお店です。

お豆腐ランチ 1080円(日祝は1200円)
お子様ミニランチ 540円
とうふプリン 430円
とうふのレアチーズケーキ 430円
おからドーナツ 120円

売店(10:30~17:30)では、単品のお豆腐も売られており、木綿豆腐(1/2丁)が220円、絹ごしが270円で販売されています。

木綿どうふ 220円
絹ごしどうふ 270円
おぼろどうふ 270円
ざるどうふ 330円
豆乳 270円
とうふプリン 270円
おからサラダ 160円
おからドーナツ 130円~150円

14時~17時はカフェタイムになっています。ラストオーダーは30分前なのでご注意ください。

埼玉県秩父郡長瀞町長瀞268
営業時間:10:30~17:30(売店)、11:30~14時(ランチ)
定休日:
URL:http://nagatorotoufu.wix.com/umedaya

サーバはWIXなんて使わないでもらいたいのは個人的な意見です。イスラエル企業なんですよね。

秩父名物そばとうふ

ちなみに、秩父といえば「蕎麦」です。長瀞の荒川といえば「そばとうふ」が思い出されます。

秩父は名水を売りにした土地で、かき氷の「安佐美冷蔵」さんや、そばとうふという秩父名物のお店「佐々木とうふ店」さんもあります。(同じ店名の豆腐屋もあるので注意)

埼玉県秩父市荒川日野199−2

ごはんジャパン 3/5 予告


ごはんジャパン 3/5 予告は以下のとおりです。

日本のおいしい食材を探し、そのおいしさの秘密を科学的に紐解く。中国料理の五十嵐美幸シェフとレスリングの浜口京子選手が埼玉・長瀞の豆腐作りの匠のもとへ!!
日本を代表するグランシェフとゲストが日本各地に赴き、四季折々のおいしい食材を探求すると共に、おいしさの秘密を科学的に紐解いていきます。今回注目する食材は、埼玉・秩父産の“豆腐”。食材本来のうま味を生かした中国料理で高い評価を得ている五十嵐美幸シェフとレスリング・浜口京子選手が、埼玉県秩父郡長瀞町に住む豆腐作りの匠のもとを訪問。豆腐と水のおいしい関係に迫ります!!五十嵐シェフと浜口さんが長瀞で訪れたのは、大豆そのもののおいしさを味わえると評判の豆腐料理レストラン。秩父連山のひとつ、白石山(別名:毘沙門山)から湧き出る“毘沙門水”を使って豆腐を作っている。なぜ水が美味しいと旨い豆腐ができるのか!?その秘密に迫る!また、五十嵐シェフが豆腐レストランの新メニューを考案!!クリーミーな豆腐の食感を生かした“なめらかクリーミーがんも”を披露します!

Sponsored Link


秩父生そば厳選セット 6食入【送料無料】


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。