下仁田ネギ 群馬 ごはんジャパン 甘さの秘密

Sponsored Link

甘くて太い「下仁田ネギ」という群馬県甘楽郡下仁田町で栽培されるネギが、12/26放送『ごはんジャパン』で紹介されます。熱すると甘くなるネギで、甘いすき焼きに入れると合いそうです。

この冬の寒い時期には、鍋物やすき焼きがごちそうになりますが、この甘いネギ「下仁田ネギ」を使ってみるのはいかがでしょうか。

ごはんジャパン


2015-12-26_173320

12/26放送『ごはんジャパン』のテーマは、甘くて太い「下仁田ネギ」が紹介されます。

小渕優子議員の政治資金収支報告書でも「下仁田ネギ」が261万円分も買われていたとして話題になった、アノねぎです。

下仁田ネギは、群馬県甘楽郡下仁田町で栽培される伝統野菜で、江戸時代から栽培されています。

ネギの王様とも言われますが、その身の丈は驚くほど短いネギです。

下仁田ネギ


下仁田ネギは、よく「太くて短いネギ」と紹介されます。

Sponsored Link


【送料無料】★当店の地元・群馬県下仁田町からお届け!本場の本物下仁田ネギ/お歳暮・贈答にも★下仁田ねぎA30【楽ギフ_のし】

まだ太くて良かったですね(笑)

辛みの強いネギでありながら、熱を通すと、ビックリするほど甘くなるネギが「下仁田ネギ」です。

ちなみに、12/1は「下仁田ネギの日」となっています。

下仁田ネギのすき焼き


2015-12-26_173412

すき焼きといえば、やわらかいトロトロしたネギが入っていると、全体に甘みが増しておいしくなりますよね。

このトロトロして甘くなるネギが下仁田ネギです。

下仁田ネギとすき焼きの相性は抜群なので、わざわざセットで通販していたりもするくらいです。

Sponsored Link


【群馬はすき焼き応援県】★下仁田ネギとA5上州和牛(牛肉)他、厳選素材の詰合せ・すき焼きセット/群馬からのお歳暮に最適★下仁田葱・和牛すき焼きSET:B【楽ギフ_のし】

下仁田ネギ 大名焼き

大名焼きというのは、直接焼いてそのまま食べるという豪快な食べ方ですが、下仁田ネギは熱を通すと甘くてトロトロになるので、この食べ方が向いていると言えます。

焼いた下仁田ネギに、軽く塩をかけて食べると、甘さが引き立っておいしくなります。

他にも、天ぷらにして食べるのもオススメです。

なぜ、下仁田ネギは熱を通すとトロトロして甘くなるのか


なぜ、下仁田ネギは熱を通すとトロトロして甘くなるのでしょうか?

ネギにはネバネバするタンパク質「ミューシン」が含まれていますが、下仁田ネギの場合はミューシンが多く含まれています。

タンパク質とマンナンが結合したものが「ミューシン」で、植物繊維のような効果があります。

そして、もうひとつ多く含まれているのが「硫化アリル」です。タマネギにも含まれる辛み成分で、血液サラサラ効果があることで知られています。

しかし、加熱すると「硫化アリル」は別物になります。

それが、糖度がとても高い「プロピルメルカプタン」という物質です。これが甘さの秘密です。

ごはんジャパン 12/26 予告


ごはんジャパン 12/26 予告は以下の通りです。

日本のおいしい食材を探し、そのおいしさの秘密を科学的に紐解く。和食の村田吉弘シェフと浅田舞が群馬県下仁田町で下仁田ネギのおいしさの秘密に迫る!!
グランシェフとゲストが日本各地に赴き、四季折々のおいしい食材を探求すると共に、おいしさの秘密を科学的に紐解いていく。今回注目する食材は“下仁田ネギ”。太くて短く、加熱すると味が変わると言われる下仁田ネギ。そのとろけるようなおいしさの秘密を探るために、和食の巨匠・村田吉弘シェフと浅田舞が群馬県下仁田町を訪問!生では辛みが強すぎて食べることができないのに、熱を通すと驚くほど甘くなるのは一体なぜなのか?江戸時代からネギ栽培が多く行われてきた下仁田町で、伝統の栽培方法を受け継ぐネギ作りの匠を訪れる。たき火で豪快に焼く“大名焼き”をご馳走になると…あまりの甘さに驚く浅田舞。さらに地元の老舗割烹料理店で下仁田ネギのすき焼きをいただく。すべての食材に群馬県産のものを使用した絶品のすき焼きに感激した村田シェフが、感謝の気持ちを込めてお礼の料理を披露!一流和食料理人が作る“下仁田ネギのあんかけそば”とは!?

Sponsored Link


塩だれ下仁田ねぎ


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。