なか井 津居山カニ 兵庫県豊岡市 ごはんジャパン

Sponsored Link

兵庫県豊岡市の寿司割烹「なか井」さんが、12/5放送『ごはんジャパン』で紹介されます。テーマは今が旬の「ズワイガニ」で、津居山港で水揚げされる「津居山カニ」です。「津居山カニ」は近海で獲れるため水揚げ後すぐに市場に出回る新鮮なカニです。

我々も京都ですが、この時期はJRなんかが城崎温泉とセットでカニカニエクスプレスなどを大々的に売り出している広告を見かけます。

ごはんジャパン


2015-12-05_180339

12/5放送『ごはんジャパン』のテーマは、今が旬のズワイガニです。

その中でも、兵庫県豊岡市といえばカニの一大産地で、今の時期は京都駅なんかはカニ旅行(食べ放題)の広告がたくさん貼られている時期でもあります。

特に、兵庫県豊岡市の津居山港で水揚げされるカニは近海もので、水揚げしてすぐに市場に並ぶ新鮮なカニだったりします。

Sponsored Link


※値上がり前の早割×お歳暮&年末早得クーポン有!2015年間ランキング総合部門受賞!三木谷社長も絶賛【かに部門6年連続1位の蟹】[元祖カット済み生ずわい蟹大盛り1.2kg(総重量1.4kg)/化粧箱入/送料無料](2-3人前)[かに/カニ/蟹/鍋/御歳暮]

津居山カニ


Sponsored Link


【送料無料】津居山ガニ

11/6に解禁となったのが「松葉ガニ」や「ズワイガニ」です。

兵庫県豊岡市の津居山港で水揚げされるカニは「津居山カニ」と呼ばれるブランドカニなのですが、近海もので、水揚げしてすぐに市場に並ぶ新鮮なカニなので、鮮度が抜群です。

今回は「ズワイガニ」がテーマですが、カニといったら「松葉ガニ」を食べたいところで、津居山カニも松葉ガニの通販がほとんどです。

通販などでも、水揚げからすぐにセリにかけられて、そのまま生け簀から宅配されるので新鮮なものを今では食べることが可能になっています。

なお、「ズワイガニ」の通販で安いものは海外産のものなのでご注意ください。

寿司割烹 なか井

今回、『ごはんジャパン』で訪問するのが、豊岡市の繁華街にある「寿司割烹 なか井」さんです。

こちらでは、地元の新鮮な魚介を使ったお寿司などの割烹料理を楽しむことができます。

地元ではおいしいと評判の良いお店で、季節ごとのコースや精進料理などもあったりします。

精進料理 5000円~
にぎり 1500円
上にぎり 2500円
特上にぎり 3500円

お値段も比較的リーズナブルですね。

お昼は1050円でランチなどもやっているそうです。

兵庫県豊岡市中央町12−21
営業時間:11時~14時、17時~23時
定休日:
URL:http://www.nakai-toyooka.com/

ごはんジャパン 12/5 予告


ごはんジャパン 12/5 予告は以下の通りです。

グランシェフとゲストが日本各地に赴き、四季折々のおいしい食材を探求すると共に、おいしさの秘密を科学的に紐解いていく。今回注目する食材は、冬の味覚の王様“ズワイガニ”。熊谷喜八シェフと元全日本女子バレーボール代表の高橋みゆきさんが、おいしさの秘密に迫っていく。訪れたのは日本海に面した兵庫県豊岡市。ここ豊岡市の津居山港ではズワイガニのセリが11月に解禁されたばかり。津居山港で水揚げされた“津居山カニ”は、熊谷シェフが今、注目している食材。その特徴は、近海で漁をしてその日のうちにすぐに水揚げしセリにかけるため、“超新鮮”であること!そんな津居山カニの美味しい理由を探る!また、熊谷シェフが津居山カニのおいしさを存分に引き出す“KIHACHI流”の料理を披露!グランシェフが魅せる匠の技とは!?


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。