素透撫 すとうぶ フレンチ 山梨 韮崎 北杜 ごはんジャパン

Sponsored Link

山梨県北杜市にある和フレンチのお店「素透撫」(すとうぶ)さんが、11/21放送『ごはんジャパン』で紹介されます。今週のテーマ食材は「南アルプス放牧豚」ということで、日本で初めて放牧豚を生産した「ぶぅふぅうぅ農園」さんも紹介されます。

「ぶぅふぅうぅ農園」さんの撮影ロケは11/12に行われたようです。(素透撫さんは10/21に何らかしら撮影ロケが入っていますが別かもしれません)

素透撫(すとうぶ)

山梨県北杜市にある料理店「素透撫(すとうぶ)」さんが、11/21放送『ごはんジャパン』で紹介されます。

文人画家であった小林勇の旧宅を移築したお店で、開放感あふれる素敵なお店になっています。

空間と器をこだわったお店となっており、庭を眺めながら和モダンの食器でいただく和風フレンチが評判となっています。

器は、吉田直継さんという陶芸家のものが多いようです。

また、小林勇の書斎をリノベーションした個室もあって、昔懐かしい雰囲気の中でフレンチがいただけると好評です。

料理はオーガニック野菜を中心にしたものが多いです。

山梨県北杜市長坂町中丸4551
営業時間:11:30~15時、18時~21:30
定休日:月曜(祝日は営業し翌日休み)
URL:http://www.stove-kiyoharu.com/

素透撫のお料理


シェフの清水秀樹さんは、電機メーカーを退職してシェフを目指した方です。

ホテルやディズニーランドでサービス業を学び、長野県茅野市のペンションで料理人デビュー。

その後、フレンチの超有名店「シェ松尾」で6年間学んだ後に、2014年9月に「素透撫(すとうぶ)」で料理長をしています。

ランチは3500円・5000円・7500円のコース。
ディナーは5500円・7500円・9500円のコースとなっています。

ただし、予約必須で、人気店ということもありすでに埋まっていることが多いようです。

南アルプス放牧豚 ぶぅふぅうぅ農園

11/21放送『ごはんジャパン』で紹介される食材は、山梨県韮崎市にある「ぶぅふぅうぅ農園」で放牧されている「南アルプス放牧豚」が紹介されます。

日本で初めて遊牧豚を育てた牧場です。

放牧すると肉が固くなるのが豚ですが、37年試行錯誤し、育て方にこだわり、飼料も「米粉やパンくず、ビーフン、おから」などの発酵餌を与えて、豚の脂身がおいしい豚と評判になりました。

山梨県韮崎市穂坂町三之蔵2332(農場)
山梨県韮崎市藤井町駒井2720−1(加工場)
URL:http://boohoowoofarm.blog50.fc2.com/

南アルプス放牧豚 通販 お取り寄せ


公式サイトの「ネットショップ」からお取り寄せ可能です。

生肉から加工食品まで扱っています。

珍しい「アミ脂」(ハンバーグの表面に巻いたりする脂)も通販できるようになっています。

ごはんジャパン 11/21 予告


ごはんジャパン 11/21放送の予告は以下のとおりです。

グランシェフとゲストが日本各地に赴き、四季折々のおいしい食材を探求すると共に、おいしさの秘密を科学的に紐解いていく。今回注目する食材は、“南アルプス放牧豚”の肩ロース肉。中華料理の人気シェフ・五十嵐美幸さんとレスリング選手の浜口京子さんが山梨県韮崎市を訪問。しまった肉質と良質の脂のバランスが絶品だという、絶品の豚肉のおいしさの秘密に迫る!2人が訪れたのは、37年前から放牧で豚を育て続けている放牧養豚の第一人者・中嶋千里さん。大自然の丘に広がる放牧場では、豚たちが元気に走り回ることで運動量が増え、筋肉がついて肉質が良くなるという。さらに中嶋さんがこだわっているのがエサ。“脂”が格段に美味しくなるというエサとは!?そんなおいしい脂を見事に調理する、地元の匠シェフの店へ。一体どんな料理が出てくるのか!?さらに五十嵐シェフが驚きの酢豚を披露!

Sponsored Link


手作り 産地直送=【豚バラ ベーコン ブロック】=南アルプスハム/フジザクラポーク 使用/お中元 お歳暮 ご贈答 ギフト


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。