小美玉SUN完熟マンゴー @茨城県小美玉市「やすだ園」が『ごはんジャパン』で紹介

茨城県産の完熟マンゴー「小美玉SUN完熟マンゴー」が2019年8月17日放送『ごはんジャパン』で紹介されるそうです。ビニールハウスの中で鉢植え栽培(ボックス栽培)されているため、寒い茨城で生産されるマンゴーとして注目されています。

広告

小美玉SUN完熟マンゴー が『ごはんジャパン』で紹介


小美玉SUN完熟マンゴー が『ごはんジャパン』で紹介

小美玉SUN完熟マンゴー が『ごはんジャパン』で紹介

2019年8月17日放送『ごはんジャパン』の予告を見ていると、茨城県産の完熟マンゴーが紹介されると書かれていました。

そのマンゴーは茨城県小美玉市で作られる完熟マンゴー「小美玉SUN完熟マンゴー」のことです。

小美玉市の「やすだ園(保田幸雄)」が南国でもない茨城でハウス栽培しているマンゴーなのですが、宮崎県や沖縄県産のマンゴーより甘いと評判になっているマンゴーのことです。

・茨城県小美玉市「やすだ園(保田幸雄)」でハウス栽培・ボックス栽培したマンゴー
・糖度が高く18度~20度(一般的には15度)
・販売期間は7月中旬~8月中旬まで

小美玉SUN完熟マンゴー が甘い理由


小美玉SUN完熟マンゴー が甘い理由

小美玉SUN完熟マンゴー が甘い理由

では「小美玉SUN完熟マンゴー」が宮崎県や沖縄県産のマンゴーより甘くなる理由は何なのでしょうか。

それは保田幸雄さんが取り入れている「ハウス栽培ボックス栽培」と茨城県の気候(寒暖差)に秘密があります。

日本産マンゴーの生産地である宮崎県などでは「露地栽培」が多く、雨などの気候の影響を大きく受けますが・・・・

小美玉SUN完熟マンゴー」はビニールハウス内で鉢植え栽培(ボックス栽培)されているため・・・・

台風や雨の影響を受けず、マンゴーへの水供給も調整されてからで、水っぽくないマンゴーを育てることができるからです。

また、茨城県の気候は宮崎や沖縄県と比べて「寒暖差」があるのも糖度が高くなる理由とされています。

・ハウス栽培なので台風などの天候に影響を受けづらい
・鉢植え栽培(ボックス栽培)なので水の供給を調整できる
・寒暖差のある気候なので糖度が高くなる

やすだ園はどこにある?

茨城県小美玉市のマンゴー「小美玉SUN完熟マンゴー」は「やすだ園」で栽培されています。

栽培のみで販売などはされていません。

ただ、栽培されたマンゴーを使ったスイーツをキッチンカーで販売することがあるそうで、イベント催事などに出店されることがあるそうです。

茨城県小美玉市部室174

小美玉SUN完熟マンゴーアイスクリームは茨城空港で販売も?


茨城空港2階 SKY ARENA で小美玉SUN完熟マンゴーアイスクリームを販売

茨城空港2階 SKY ARENA で小美玉SUN完熟マンゴーアイスクリームを販売

茨城空港といえばプリンとヨーグルトの販売でも知られていますが「小美玉SUN完熟マンゴーアイスクリーム」を空港2階のスカイアリーナで販売していたそうです。

ただ、マンゴーは季節商品であるため、「小美玉SUN完熟マンゴーアイスクリーム」が販売中かどうかは売店の「スカイアリーナ」で確認するしかありません。

営業時間:7時30分~19時
電話番号:0299-37-2345
公式サイト://www.ibaraki-airport.net/
広告

ごはんジャパン 2019年8月17日 予告


ごはんジャパン 2019年8月17日 予告は以下の通りです。

パリで活躍するトップパティシエ・青木定治が、茨城県産の完熟マンゴーを使ったマカロン&タルトを披露!その美味しさに雛形あきこも絶賛!!
今回注目する食材は、茨城県小美玉市で作られる完熟マンゴー。その美味しさの秘密を求めて、ショコラティエとして数々の賞に輝き、現在はパリでも活躍するトップパティシエの青木定治さんと、雛形あきこが現地へ。酸味と甘みが絶妙にマッチした味わいと香りの良さを絶賛!青木さんが完熟マンゴーを使い、夏のスペシャリテ、マンゴーアイスをサンドしたマカロンと、マンゴーのうまみを凝縮したタルトを作る!!熱帯原産のマンゴーを北関東で作る今回のマンゴー作りの匠。そこには徹底した温度管理や水やりなど、様々な手間や創意工夫があった。家族の理解と協力に支えられて作られるマンゴーを使って、世界のトップパティシエ・青木定治が作るスイーツ。素材のおいしさを極限まで引き出したその味わいとは!?


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。