江戸崎かぼちゃ @茨城県稲敷市「完熟かぼちゃ」ごはんジャパンで紹介

茨城県の江戸崎産・完熟かぼちゃ江戸崎かぼちゃ」が2019年7月6日放送の『ごはんジャパン』で紹介されるそうです。着果後に60日の栽培期間という長い期間栽培してデンプンを糖質に変えて出荷されるカボチャです。糖度は1.7倍、甘すぎるのでスイーツなどに向いているカボチャです。

広告

茨城県の江戸崎産・完熟かぼちゃ「江戸崎かぼちゃ」が『ごはんジャパン』で紹介


茨城県稲敷市の江戸崎で作られる完熟かぼちゃ「江戸崎かぼちゃ」

茨城県稲敷市の江戸崎で作られる完熟かぼちゃ「江戸崎かぼちゃ」

2019年7月6日放送の『ごはんジャパン』で、茨城県稲敷市の完熟かぼちゃ「江戸崎かぼちゃ」が紹介されるそうです。

稲敷市というのは、霞ヶ浦の南側にある市で広大な田園地帯があるところで、江戸崎というのは茨城県稲敷郡にかつて存在した町のことです。

今は稲敷市に合併されて江戸崎という地名が残っていますが、そこで栽培されているのが「江戸崎かぼちゃ」です。

茨城県稲敷市、広大な田園地帯が広がる肥沃の大地です

茨城県稲敷市、広大な田園地帯が広がる肥沃の大地です

江戸崎かぼちゃは糖度が高いというか高くした「完熟かぼちゃ」のことですが、料理だと甘すぎるので薄味で調理しないと難しい食材です。

そのため、2019年7月6日放送の『ごはんジャパン』では、パティシエの辻口博啓さんがスイーツを作ることになっています。

当然といえば当然の選択だと思います。

完熟かぼちゃは糖度が高すぎるのでプリンなどのスイーツにすると美味しく食べられます

完熟かぼちゃは糖度が高すぎるのでプリンなどのスイーツにすると美味しく食べられます

番組予告では「10日間、畑で熟成させることで糖度が1.7倍、皮も柔らかくなる」と書かれていました。

ということは、花が咲いてから「55日~60日間」育てたカボチャということになります。

これは通常の栽培期間よりだいぶ長いもので、旨味と甘みが凝縮されて色の濃いカボチャになりますが(デンプンが糖質に変化するので甘くなります)、当然のように農薬を巻く回数も増えることになります。そのため、農薬を気にする方は別に無農薬・減農薬のオーガニック野菜を購入したほうが良いでしょう。

ちなみに、カボチャは栽培期間が長いほど固くなるのですが、江戸崎かぼちゃは皮が薄いので調理しやすいそうです。

また、似たカボチャに「加世田かぼちゃ」というのもあり、そちらも完熟させて生産されているカボチャです。どちらも高級スーパーで使われる高級品で、値段は1/4カットで300円前後します。

江戸崎かぼちゃ(茨城県稲敷市)
加世田かぼちゃ(鹿児島南さつま市)

江戸崎かぼちゃ は楽天通販で入手可能

ちなみに、この「江戸崎カボチャ」は楽天通販で入手可能です。

値段は大玉ひとつで1980円(税込み)、それに送料がプラスされるので1玉3000円を超える高級かぼちゃです。

そのため、購入時はよく考えて発注するようにしてください。

そもそも、カボチャは甘い野菜です。お近くのスーパーで購入しても甘いので、それで十分かもしれません。

ごはんジャパン 2019年7月6日 予告


ごはんジャパン 2019年7月6日 予告は以下の通りです。

世界的なパティシエ・辻口博啓さんと内藤剛志が茨城県へ。鮮やかな技で甘~いかぼちゃをプリン&パフェに変身させる!!
今回、注目する食材は、茨城県の一部でしか栽培されていない江戸崎かぼちゃ。そのおいしさの秘密を求め、世界的なパティシエ・辻口博啓さんと内藤剛志が茨城県稲敷市へ向かう。一般的なカボチャは、交配してから45日ほどで収穫される。しかし江戸崎かぼちゃは、さらに10日間、畑で熟成させることにより、糖度は一般的なカボチャの1.7倍になり、ホクホク感や香りも増し、皮も柔らかくなるという。そんな江戸崎かぼちゃを使い、世界的パティシエ・辻口さんが驚きの涼感スイーツを作る!!一品目は、意外にもカボチャと相性が良いという柑橘類をふんだんに使った、見た目も鮮やかな江戸崎かぼちゃのパフェ。さらにもう一品は、丸ごとカボチャの中に隠された、遊び心ある濃厚な江戸崎かぼちゃのプリン。涼感たっぷりな江戸崎かぼちゃスイーツの味わいと、それを生み出すシェフの驚きの技とは!?


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。