山梨県笛吹市の「完熟桃」が『ごはんジャパン』で紹介

2018年7月28日放送『ごはんジャパン』で桃の最大産地である山梨県笛吹市の「完熟桃」が紹介されます。笛吹市の「一宮町御坂町春日居町八代町」のブランド桃などが知られ、日本一の日照時間を誇る山梨県では糖度の高い高級ブランド桃が糖度センサーでチェックされて出荷されています。

山梨県笛吹市では桃を甘くするために様々な努力がされており「桃といえば笛吹市」と言われるほどの町です。

広告

山梨県笛吹市の「完熟桃」が『ごはんジャパン』で紹介


山梨県笛吹市の「完熟桃」が『ごはんジャパン』で紹介されます

山梨県笛吹市の「完熟桃」が『ごはんジャパン』で紹介されます

山梨県笛吹市の「完熟桃」が2018年7月28日放送『ごはんジャパン』で紹介されます。

笛吹市は桃の最大産地で、糖度が13度以上の高級ブランド桃を出荷している「桃といえば笛吹市」と言われるほどの産地です。

日光をよく浴びた全体が赤く(ピンク色)になった桃が出荷されています。

通常、桃は木になった状態でそのまま育てると桃の下半分には日光はあまり当たりません。

桃の下半分が白い桃、全体を赤くするには日光をまんべんなくあてる必要があります

桃の下半分が白い桃、全体を赤くするには日光をまんべんなくあてる必要があります

普通に桃を育てると桃の下半分は白くなるのですが、農地にビニールシートを敷いて、地面から反射される日光で桃を育てているのが山梨県笛吹市の「完熟桃」です。

桃は糖度を高めるために日光をまんべんなくあてる必要があり、こういった工夫も山梨県笛吹市では行われています。

他にも山梨県産の桃には糖度を高めるための工夫があり「もみがらぼかし」という籾殻に付いた微生物を農地に散布するなどの農法を採用しているのが特徴です。

・日本一の日照時間
・農地にビニールシートを敷いて日光を反射させて栽培
・化学肥料無視用、減農薬
・籾殻肥料「もみがらぼかし」を使用
・甲州の名水で育つ

山梨県が桃の最大産地である理由(日本一の日照時間)


山梨県笛吹市一宮町の桃畑、山の斜面を利用して日光がよくあたるように桃を育てます

山梨県笛吹市一宮町の桃畑、山の斜面を利用して日光がよくあたるように桃を育てます

山梨県は桃の最大産地ですが、それには理由があります。

山梨は「日本一の日照時間」があるエリアだからです。

平均気温が高く、盆地で寒暖差が激しいことも桃を甘くする必要な要素で、山梨県は「桃を甘くする立地」だと言えます。

山梨県笛吹市には糖度保証された「完熟桃」がある


日光を浴びて真っ赤に完熟した「桃」、糖度センサーで糖度保証された桃は高級桃として出荷されます

日光を浴びて真っ赤に完熟した「桃」、糖度センサーで糖度保証された桃は高級桃として出荷されます

日光をよく浴びた「完熟桃」は糖度が高くなり、糖度にして13度以上になってきます(平均は11度前後)。

特に有名なのが「一宮ブランド」で、一宮町の桃であればそれが高級ブランドとして通用するほど有名な桃です。

一宮町では桃の枝ひとつにつき「ひとつの桃」を育てるという農法を採用していたりして桃の糖度を高める努力をされているのです。

・一宮町(一宮ブランド)
・御坂町(大糖領)
・春日居町(春日居の桃)
・八代町(一桃匠)

最高級桃は高価な「糖度センサー(光センサー)」も投入して出荷されており、最高糖度の桃にはブランド名が付与されて販売されていたりします。

糖度センサーは「一宮町、御坂町、春日居町、八代町」のブランド桃などで使われています。

完熟桃の風味を生かすために加える食材


桃を使ったスイーツ(京都市北区 カフェ バニーマタル)

桃を使ったスイーツ(京都市北区 カフェ バニーマタル)

さて、桃でジェラートを作られた方ならお分かりと思いますが、桃というのは意外と甘さは控えめで、桃特有の酸味があって甘さが重要なスイーツにするのは難しい食材です。

そのため「桃のスイーツ」を作る場合は、糖度保証された桃を使うと甘みのあるスイーツを作ることができます。

しかし、そういった高級桃は高価です。

一般的なお値段の桃では「酸味が多く、糖度が低い」こともあってスイーツづくりで難儀することがあります。

そういった際に加えるのが・・・・

不二家のピーチーネクター

不二家のピーチーネクター

ピーチネクター

です。

いわゆる「桃のピューレ」ですが、このピーチネクターを加えることで甘さに深みが出てきます。

※写真は金閣寺すぐ近くの「カフェ バニーマタル」試作品「桃のサンデー」

ごはんジャパン 2018年7月28日 予告


ごはんジャパン 2018年7月28日 予告は以下の通りです。

山梨・笛吹市産の桃。そのおいしさの秘密を求めて、ジェラート職人・柴野大造さんとスイーツ好きの的場浩司が現地へ。完熟桃の風味を生かしきった極上ジェラートを披露!
今回注目する食材は、山梨・笛吹市産の桃。そのおいしさの秘密を求めて、本場イタリアのジェラート大会でチャンピオンに輝いた経験を持つジェラート職人・柴野大造さんとスイーツ好きで知られる俳優・的場浩司が現地へ。常に完熟直前の桃を吟味し絶妙なタイミングで収穫している桃づくりの匠を訪問。初めて皮付きのまま桃を食べた2人は、そのジューシーなおいしさにビックリ!!糖度の高い匠の完熟桃はお尻の方まで赤くなっているのが特徴。しかし少しでも傷がつくと、売り物にならないという。そこで、本場イタリアで認められたジェラート職人・柴野さんが、そんな売り物にならない桃を活用し、完熟桃の風味を生かしきった極上ジェラート作りに挑む!日本が世界に誇るジェラート職人、柴野さんが完熟桃の風味を生かすために加えた食材とは!?


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。