富成伍郎商店 @長野県 ガッテン!「超濃厚!豆腐ニューワールド」で紹介

Sponsored Link

11/9『ガッテン』が見逃せません。なんと!「超濃厚!豆腐ニューワールド」で豆腐の常識を覆す長野のお豆腐店が紹介されるからです。そのお豆腐とは「富成伍郎商店」さんの豆腐「手塩にかけた伍郎のきぬ」です。

まるでスイーツのようだと言われる幻の豆腐が紹介されるというのです。

超濃厚!豆腐ニューワールド


11/9放送 NHK『ガッテン』で「超濃厚!豆腐ニューワールド」が放送

11/9放送 NHK『ガッテン』で「超濃厚!豆腐ニューワールド」が放送

実はスゴイことなのに、あまり話題にならないことを紹介してくるNHK『ガッテン!』で豆腐が特集されます。

放送は11/9の「超濃厚!豆腐ニューワールド」で、この回は見逃せない内容になるようです。

というのも「これまでの概念を覆すまったく新しい豆腐」が紹介されるというのです。

では、そのお豆腐とはいったい何なのでしょうか?

富成伍郎商店 手塩にかけた伍郎のきぬ


その豆腐とは食の宝庫 長野県にある富成伍郎商店「手塩にかけた伍郎のきぬ」

その豆腐とは食の宝庫 長野県にある富成伍郎商店「手塩にかけた伍郎のきぬ」

その豆腐とは、2015年と2016年に開催された『日本旨い豆腐を決める品評会』で2年連続受賞したという驚きの豆腐でした。

それは長野県にあるお豆腐です。

富成伍郎商店のお豆腐「手塩にかけた伍郎のきぬ」です。

この豆腐が、2年連続で金賞を受賞したという豆腐なのです。

フルーツ?!まるで乳清のような豆腐の水

実はこちらの「富成伍郎商店」さんはお豆腐屋さんなのですが、豆腐で作ったソフトクリームドーナツなども販売するスイーツ店のようなお店なのです。

豆腐って、容器の中にお水が入っていますが、そのお水からして「乳清みたい」と言われるほどのお豆腐です。

このコンテストですが、我々の地元である京都の「京都府豆腐油揚商工組合」さんが毎年開催しているコンテストです。

京都も豆腐がおいしい地域ですが、やはり食の宝庫である長野県には素晴らしいものがあるようです。

富成伍郎商店 基本情報

富成伍郎商店は長野県松本市の住宅街にあるお豆腐屋さんです。

豆腐工場と販売店が一緒になっているのですが、販売店はまるでケーキ屋さんみたいで「豆腐ドーナツ」や「豆腐ソフトクリーム」「豆腐シュークリーム」などもあり、ちゃんとした豆腐に油揚げなども扱っているお店です。

京都でも「錦市場」に行くと「錦市場 こんなもんじゃ」というお豆腐屋さんが豆腐スイーツを扱っています。(地図

京都観光の際には一度食べてみてはいかがでしょうか。

長野県松本市原90−3
営業時間:9時~18時
定休日:日曜

Sponsored Link


豆腐と生きる 今、伝えたいリーダーの言葉 豆腐メーカー経営者インタビュー集

ガッテン! 11/9 予告


ガッテン! 11/9 予告は以下のとおりです。

100円の普通の豆腐に、あるひと工夫でコクやうまみが超アップする方法を発見!しょうゆも薬味もいらないおいしさ!さらに職人のできたて豆腐を家庭で再現する方法も!
品評会で日本一となった豆腐職人を訪ねると、大豆のおいしさをそのまま味わえる超濃厚な豆腐を作っていました。秘密は「コクうまボール」をたっぷりと感じられるようにすること。ガッテンが研究を重ねた結果、たった30秒で普通の豆腐が濃厚になるワザにたどり着きました。それは、これまでの概念を覆すまったく新しい豆腐。達人もビックリ、豆腐嫌いの人も大満足。おいしくてヘルシーな新世界をお楽しみください!

Twitterの口コミや感想

紅茶ソフト ちなみに豆腐屋さんの。めちゃうま。

shogo ebaraさん(@ebashoooo)が投稿した写真 –


「ガッテン!」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。