さざえの「へか」@隠岐の島の名物グルメを作って食べてみる

隠岐の島の名物グルメ「さざえのへか」が、6月9日放送『沸騰ワード10』で紹介されるようです。島根県・隠岐の島で食べられている郷土料理で、すき焼きの牛肉の代わりに「サザエ」を使っています。

さざえ料理の「へか」とはどのような食べ物なのでしょうか?

広告

隠岐の島の名物グルメを作って食べてみる


フェリーでしか行けない隠岐の島の名物グルメを作って食べてみる

フェリーでしか行けない隠岐の島の名物グルメを作って食べてみる

島根県・隠岐の島で食べられている「へか」が、6月9日放送『沸騰ワード10』で紹介されるようです。

へか」というのは、サザエを使った貝料理で、牛肉の代替で「さざえ」を使う「すき焼き」のようなものです。

隠岐の島のような孤島では牛肉は貴重であるため、その代わりに豊富に獲れる海産物を使っています。

いわば「郷土料理」ですが、今回はこの「さざえのへか」を料理してみました。

さざえのへか


さざえのへか(隠岐の島の郷土料理)

さざえのへか(隠岐の島の郷土料理)

ということで、こちらが「さざえのへか」です。

サザエの茹でたものをブツ切りにして、それを野菜と一緒に煮込んた隠岐の島の郷土料理です。

さざえのへか」は、サザエの磯の味わいにカリカリした食感が楽しめる料理で、すき焼きの割り下しだいで味は変わります。

白菜豆腐が入っているので、ほぼ「すき焼き」ですが、肉の代わりに「サザエ」をポリポリすると白米に合うと思いました。

今回は市販の割り下を使ったので、失敗なく料理できましたが、自家製の割り下で好みの味付けにする方が良いでしょう。

さざえの「へか」材料


「さざえのへか」材料

「さざえのへか」材料

今回使った材料は、いわゆる「すき焼き」の材料になるものが多いですが、隠岐の島では「油揚げ」が入ったものがあるということで、それに倣ってみました。

さざえ
木綿豆腐
油揚げ(今回は薄揚げ)
ネギ
白菜
糸こんにゃく(今回はなし)
すき焼きのタレ

サザエは茹でてぶつ切りにしておきます

サザエは茹でてぶつ切りにしておきます

これらの材料を割り下で煮込むだけの簡単な料理です。

好みで「(ふ)」や「しらたき」などを使っても良いと思います。

ちなみに、サザエは今年は1個250円程度で、上の写真で約3個分です。

さざえの「へか」まとめ


さざえの「へか」は、甘く煮込んだ貝料理

さざえの「へか」は、甘く煮込んだ貝料理

さざえの「へか」は、要するに「甘く煮込んだ貝料理」です。

貝は「さざえ」を使っており、砂糖と醤油で野菜・豆腐と一緒に煮込めばすぐ完成しました。

簡単な料理ですが、都会の普通のご家庭であれば「サザエよりも牛肉」の方がお安いので、牛肉ですき焼きにして食べた方が良いかもしれません。

沸騰ワード10 6月9日 予告


沸騰ワード10 6月9日 予告は以下のとおりです。

・「へか」ってなに?
・謎生物発見!珍味「ベコ」とは?
・屋久杉より凄い?パワースポットに潜入!
・島民の絆「しげさ節」とは?


「沸騰ワード10」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。