与那国島 美容草「長命草(ちょうめいそう)」が10/14『沸騰ワード10』で紹介

Sponsored Link

与那国島(日本最西端)の島で島民が栽培して大儲けしているという美容草長命草ちょうめいそう)」が10/14『沸騰ワード10』で紹介されます。「長命草」は資生堂の青汁や美容液でも使われており、ビタミン・ミネラルを多く含む薬草です。

長命草は古くから一株食べると1日長生きするとも言われる不老長寿の薬草としても知られています。

与那国島 美容草「長命草(ちょうめいそう)」が10/14『沸騰ワード10』で紹介


長命草(ちょうめいそう)はクローバーみたいな薬草です

長命草(ちょうめいそう)はクローバーみたいな薬草です

沖縄の与那国島で栽培されている「長命草(ちょうめいそう)」が美容草として、10/14放送『沸騰ワード10』で紹介されます。上の写真が実際の「長命草」です。

予告では「日本最西端の与那国島へ潜入!島民が大儲けしている幻の美容草」として紹介されるとありました。

与那国島は台湾から100kmほどの立地にある日本最西端の島ですが、そこには昔から「ボタンボウフウ」という野草があって、それが「長命草(ちょうめいそう)」のことですが、現地では「チョーミーグサ」と呼ばれています。

(1)与那国島など八島島諸島で育つセリ科の野草「長命草」のこと
(2)一株食べると1日長生きするとも言われる不老長寿の薬草
(3)資生堂が与那国島の農家を支援して生産が増えている
(4)ボタンボウフウと呼ばれる植物
(5)現地ではチョーミーグサとも呼ばれる

沖縄県八島島諸島で育つセリ科の野草で一株食べると1日長生きするとも言われる不老長寿の薬草とも言われていますが、海岸の断崖や岩場などに生息する植物でした。

それを最近は資生堂が現地で生産販売する支援をしており、与那国島では島民の収益改善に貢献しているという話なのです。

飲む長命草として青汁が販売されています


与那国島で栽培されており商品化もされています

与那国島で栽培されており商品化もされています

この「長命草(ちょうめいそう)」ですが、資生堂が健康食品や美容液などで使っており、資生堂からは「長命草の青汁」という商品で販売されてもいます。

また、健康食品の錠剤として販売している会社もいくつかありリーズナブルな価格で入手できるものもありました。

Sponsored Link


資生堂 長命草 パウダー (3g×30包) 青汁 健康食品

含まれる栄養素は、クロロゲン酸などのポリフェノールやGABAがよく言われますが、ビタミンやミネラルも豊富な薬草です。

足のむくみの改善に効果があるとも言われています。

(1)ベータカロチン
(2)ビタミンA
(3)ビタミンB2
(4)ビタミンB6
(5)ビタミンC
(6)ビタミンE
(7)鉄分
(8)カルシウム
(9)マグネシウム
(10)クロロゲン酸などのポリフェノール

Sponsored Link


【送料無料】お試し用サプリ長命草(フコイダン・クロレラ入)ソフトカプセルタイプ《約3ヵ月分》■メール便送料無料■代引・日時指定不可【RCP】サプリ/長命草サプリ【3ba】【44chou】

資生堂の美容液「ハイドロジーニアス」


Sponsored Link


資生堂 ベネフィーク ホットプラス℃美容体験セット ハイドロジーニアス

資生堂がこの薬草に目をつけて、美容液「ハイドロジーニアス」で長命草を使っています。

資生堂の美容液「ハイドロジーニアス」は最安値で8,305円(税込)で容量は50mlとかなり効果な美容液ですが、ビタミン・ミネラルを豊富に含むのでこういった美容液の原材料にもなっています。

10/14 沸騰ワード10 予告


10/14 沸騰ワード10 予告は以下のとおりです。

日本最西端の与那国島へ潜入!島民が大儲けしている幻の美容草とは?
正体不明の海底遺跡に潜水調査
沖縄県はシメにステーキ!?出店バトル
今ドコに?タイ料理界のさすらいの天才シェフを追え!
なぜ?千葉県成田が人気急上昇!ホントに住んでみてわかった(秘)魅力検証
東京から6時間!大行列の秘境駅弁&人気No1駅弁「牛肉どまん中」争奪戦
突然自分探し!?講演会オファーにタケノコ王悩む…果たしてその結果は?


「沸騰ワード10」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。