味園ユニバース 大阪 11/6 沸騰ワード10で紹介される

Sponsored Link

大阪の味園ユニバースが11/6放送『沸騰ワード10』で紹介されます。予告では「御園ビル」と書いてあるのですが、誤植で「味園」が正しいです。

ちなみに関西では11/6に放送されません。(またか)

味園ユニバース

味園ユニバースは大阪の千日前にある高度成長期に建てられた宴会・娯楽施設なのですが、ホテルや宴会のできる大きなレストランが入った商業ビルのことです。

「これなんなの?」

と聞かれると、私も困るのですが、宴会場・ホテル・レンタルルーム・バー・カフェ・ギャラリー・ホールなど、統一性のない何かが集まった商業ビルです。

大阪府大阪市中央区千日前2−3−9
営業時間:16時~22時(土日祝は12時~22時)
定休日:年末年始
URL:http://universe-misono.co.jp/

超有名なディープスポット

大阪では超有名なディープスポットですが、私は入りたいと思ったことが一度もありません(笑)

しかし、最近はそのディープさが話題になって、若者に人気とかなんとかでテレビでも紹介されていたりすることがあります。

とにかく、昭和の高度成長期時代の産物なので「超バブリー」な建築物なのです。

そこで、前衛的なギャラリーサブカルなカフェなどを若い人たちが出店するようになって、今の怪しさが形成されたいったのです。

上の映像は、もう10年くらいここで出店している「深夜喫茶銭ゲバ」さんのコマーシャルです。

高度成長期時代のバブリーな産物


あの時代(高度成長期~バブル)は、私も経験がありますが、今から考えると「○カ」みたいな時代で、こんなものが当たり前のようにあったのです。

そして、元々はここは巨大キャバレーだったのです。

高度成長期のキャバレーは今では想像もつかないような大きいホールにバニーガールが多数いたという時代です。私も会費が30万円くらいの高級キャバレーとかに行ったものですが、バブルがはじけた後はとんと行かなくなり、そういったキャバレーも時代の方がついてこなくなって、どんどん潰れていきました。

要するに、そういうのが今でも残っているという建物が「味園ビル」なのです。


「沸騰ワード10」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。