緑のラブレター(模原市)と G1TOWER(ひたちなか市)が『沸騰ワード10』で紹介

2018年10月26日に『沸騰ワード10』で「車窓から見える謎風景を大調査SP」が放送されます。内容は中央道から見える「謎の巨大封筒の中」で、もうひとつは「国道6号線から見えるバベルの塔」です。

ということは、模原市「緑のラブレター」と「G1TOWER(ひたちなか市)」が紹介されるはずです。

車窓から見える謎風景を大調査


中央道から見える噂の巨大ラブレターとは?

中央道から見える噂の巨大ラブレターとは?

2018年10月26日に「ネットで噂の謎車窓」が『沸騰ワード10』で紹介されるそうです。

車窓から見える風景には、おもわず二度見するようなものが数多くあり、それに焦点をあてた企画になっていました。

予告によれば、ひとつは中央道から見える「謎の巨大封筒の中」、もうひとつは国道6号線から見える「バベルの塔」だそうです。

気になる内容ですが、これはどんなものなのでしょうか?

・数年に1度開くと怪情報。中央道から見える噂の巨大ラブレター(謎の巨大封筒の中)!
・国道6号線から見えるバベルの塔

たぶん、この2つは「緑のラブレター(模原市)」と「G1TOWER(ひたちなか市)」のことだと思われます。

中央道から見える巨大ラブレター「緑のラブレター」

中央自動車道を神奈川県から山梨県に向かう県境の車窓から「ラブレター」を見ることができます。

これは「緑のラブレター」と呼ばれているオブジェの観光名所です。

相模湖の近くにあるJR中央線「藤野駅」から500メートルほどの山中にある白いオブジェで、赤いハートマークが付いている白い封筒です。

藤野はアートで町おこしを行っていて「ふじのアートヴィレッジ」というギャラリーなどがある芸術の町で、その一環として山のアートが飾られています。

藤野にあるアート作品というのが「緑のラブレター」の正体です。

年に数度、封筒が開けられたようになり「ギザギザ模様」にも見える状態になるそうです。

行くのは簡単で「相模原市立 名倉グラウンド」から入れるハイキングコースで歩いていくことができます。

神奈川県相模原市緑区名倉1062

国道6号線から見えるバベルの塔は「G1TOWER」か

国道6号線から見えるバベルの塔は「G1TOWER」という日立製作所にあるエレベーター研究塔のことだと思われます。

高さは「地上高213m」で世界一高いエレベーター研究施設です。

2010年4月に完成し、国道6号線から白い「ジーワンタワー」を見ることができ、すぐ近くには赤色の旧タワーもあります。

茨城県ひたちなか市市毛1070

沸騰ワード10 2018年10月26日 予告


沸騰ワード10 2018年10月26日 予告は以下の通りです。

▼人気司会者が週4で新橋通い…取り憑かれた異常な食生活をTV初解禁!
▼今夜ついに復活「美人跡取りSP」…若女将の意外な前職
▼誰宛?中央道から見える謎の巨大封筒の中
高速乗って一体どこへ…あの人気司会者の異常な食生活をTV初解禁!新橋を週4で一人ぶらぶら…日テレ地下駐車場で謎の張り込み…彼女が取り憑かれたモノとは?▼あの大好評企画が今夜復活!「美人跡取りSP」200年続く老舗旅館の美人若女将…意外すぎる前職とは?▼「ネットで噂の謎車窓」数年に1度開くと怪情報…中央道から見える噂の巨大ラブレター!意外な中身に高橋優&福士蒼太も衝撃▼国道6号線から見えるバベルの塔


「沸騰ワード10」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。