こんもりカレー@大阪・谷町 カレーバー「nidomi」が黄金伝説に登場

Sponsored Link

大阪カレーバー「nidomi」の「こんもりカレー」がU字工事さんの「いきなり!黄金伝説。」で紹介されます。放送は7/14だと思われ、ちょうど「夏も行列のできる即日完売グルメ日本全国巡る旅2時間SP」の放送があります。

「こんもりカレー」というのは「混盛」のことで、具材を色々と混ぜて食べるカレーのことです。

大阪カレーバー「nidomi」の「こんもりカレー」


やみつきになる謎のカレー料理「こんもり」が紹介されるとありました。

予告映像でも「絶品スパイスカレー」が紹介されるとあるのですが、フード担当に聞いてみたところ、少々ややこしいのですが、これは大阪にあるカレーバー「nidomi」さんというお店だそうです。

紹介されるカレーは・・・・

こんもりカレー(混盛)1000円

のことだと断言していました。

こんもりカレーは色々な具材を混ぜ混ぜにする「スリランカ」スタイルのカレーです。

カリーバー nidomi@谷町4丁目

店名は「nidomi」なのですが「よそみ」と紹介されていることもあります。

これは情報が古いだけという話で、実は元々は「よそみ」さんという店名で営業していたからです。

一度閉店してしまったのですが、2016年4月20日に営業を再開して「カリーバー nidomi」として再営業することになったという話です。

場所は「谷町四丁目駅」もしくは「堺筋本町駅」から徒歩5分程度の場所にあります。

大阪府大阪市中央区常盤町2-4-9
営業時間:12時~15時、18時~22時
定休日:
URL:https://twitter.com/nidomi_cafebar

京都にもある混ぜ混ぜカレー


このスリランカスタイルの混ぜ混ぜカレーですが、京都にも2016年7月オープンでお店ができる予定となっています。

店名は「ムジャラ」さんというお店で、以前に記事で紹介したことがあります。

京都で食べてみたいなら、そろそろオープンなのでチェックしておくと良いでしょう。


スパイスカレー ムジャラさんが2016年7月中頃に京都市下京区新規オープンします。カレーとスパイス料理のお店とのことで、スパイスカレー ムジャラ店頭でカレー料理の写真が貼られています。


夏も行列のできる即日完売グルメ日本全国巡る旅2時間SP


U字工事さんの人気企画「夏も行列のできる即日完売グルメ日本全国巡る旅2時間SP」では、以下のお店が紹介されるかもしれません。(第1位は、1日で400人がランチで並ぶという担々麺の高級中華料理店「頤和園(いわえん) 霞ヶ関店」@東京都霞ヶ関でした※地図※)

7/14放送『いきなり!黄金伝説。』は見逃せませんね!(パイホリック(神奈川県横浜市)の一番人気「チキンポットパイ」が番外編で紹介されました※地図※)

(1)Northshoreノースショア@大阪北浜 7/14放送 9位

(2)ダヴェルナハンバーグ@水戸市

(3)キッチンハセガワ@神泉 7/14放送 10位

(4)農園カフェなかじま園@静岡市 7/14放送 3位

(5)うな富士@名古屋 7/14放送 8位

(6)ROUTE271梅田本店@大阪 7/14放送 5位

(7)ルタオ@千歳市 7/14放送 4位

(8)廣重牛丼@神戸 7/14放送 2位

(9)こんもりカレー@大阪・谷町 カレーバー「nidomi」 7/14放送 6位

(10)沖縄cafe果報(カフー)@静岡

(11)牛乳屋食堂@芦ノ牧温泉 7/14放送 7位


U字工事さんの超人気企画『黄金伝説』の「行列ができる即日完売グルメ」など関係する記事一覧はこちらです。


Sponsored Link


【当店限定スマホからエントリーで最大ポイント31倍】【チーズケーキ】禁断のチーズケーキ(半熟)【TV雑誌で話題】【半熟】【ケーキ】 (lf)【7月9日20:00〜7月14日1:59まで】

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。