ポテトチップスサンド@海老名SA 黄金伝説大食いグルメで紹介

Sponsored Link

ポテトチップスサンドをご存じでしょうか?海老名サービスエリアにあるのですが、6/16放送『黄金伝説』で海老名SA(下り)にあるカルビーキッチンさんのハンバーガー「ポテトチップスサンド」が紹介されると思われます。

では、どのような食べ物なのでしょうか?

黄金伝説 ギャル曽根の高速道路人気グルメ完食旅


黄金伝説 ギャル曽根の高速道路人気グルメ完食旅

6/16放送『黄金伝説』で、高速道路のパーキングエリア(サービスエリア)の仰天絶品グルメが紹介されます。

これをギャル曽根さんが大食いで制覇していくという興味深い企画となっていました。

立ち寄っているサービスエリアは以下と思われます。

EXPASA海老名(海老名SA)
NEOPASA清水
EXPASA足柄
静岡SA
鮎沢PA

特に東名高速道路の上りにある「EXPASA海老名」はデパートの専門店街かと思うような豪華設備が整えられており、わざわざここに食事に行く方もいらっしゃるほどです。

紹介されるのは「下り」路線の海老名SAで、下りにある「カルビーキッチン」さんのハンバーガー「ポテトチップスサンド」が紹介されると思われます。

ポテトチップスサンド カルビーキッチン


海老名サービスエリアにある「カルビーキッチン」さんは、あのポテトチップスの「カルビー」さんが直営するファーストフード店です。

ご当地限定ポテトチップスなどもあるのですが、こちらでは飲み物や、なぜかポテチを使ったハンバーガーなどがメニューにあります。

6/16放送『黄金伝説』で紹介されると思われるのが「ポテトチップスサンド」で、これは海老名店でのみ限定販売されている独特なハンバーガーです。

というのも、ポテトチップスの海苔塩がハンバーガーにトッピングされているのです。

価格はドリンクと「ポテりこ」のセットで650円です。

他にも「海老アボガドソース」の入ったバージョンもあります。

これ、賛否両論なのですが、気になる方は食べに行かれてはいかがでしょうか?

海老名SA(上り)は高速道路を利用しないでも行ける

紹介されるカルビーキッチンさんは下り路線なので、高速道路を使わないと行くことができません。しかし、上り路線の「EXPASA海老名」は一般道から入ることもできるようになっています。

海老名駅の東口にある2番乗り場で海老名市のコミュニティバスが運行しているほか、海老名SA(上り)には一般道から駐車場に入ることが可能です。

カルビーキッチンさんは都心にもありますが、ポテトチップスサンドがあるのは海老名店だけです。

神奈川県海老名市大谷南5丁目2−1
営業時間:7時~21時
定休日:年中無休
URL:http://www.calbee.co.jp/calbeeplus/antenna/shop/

6/16放送『黄金伝説』高速道路の絶品グルメ


6/16放送『黄金伝説』では、他にも高速道路の絶品グルメが紹介されます。

(1)ポテトチップスサンド カルビーキッチン 海老名SA(下り)
(2)鮭といくらの親子茶漬け こめらく 海老名SA
(3)海老名天丼 海鮮三崎港 海老名SA(下り)
(4)よくばり野菜ラーメン 山小屋食堂 鮎沢PA(下り)

Sponsored Link


【チーズケーキ】禁断のチーズケーキ(半熟)【TV雑誌で話題】【半熟】【ケーキ】(lf)

黄金伝説 6/16 予告


黄金伝説 6/16 予告は以下のとおりです。

ギャル曽根が本気の大食い企画に挑戦!舞台は高速道路のパーキングエリア…従業員の皆さんにアンケートを実施、本当に人気の仰天絶品グルメの完全制覇を目指す超過酷旅!
2児の母となったギャル曽根が本気で過酷な大食い企画に挑戦!舞台は高速道路のパーキングエリア…各エリアの従業員の皆さんにアンケートを実施し本当に美味しい高速道路グルメをひたすら食べ尽くしていく!トラック運転手が集まるお替わり自由のボリューム定食、超人気丼&麺、更には新食感パンなど仰天の買い食いグルメも続々!お供の人気芸人たちも曽根の本気さにあ然…ドライブ気分も味わえ旅の予習にもピッタリの衝撃企画!

その他の「黄金伝説」関連記事はこちらです。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。