汁だく焼きそば 成駒屋 山梨県 黄金伝説 ローカル食堂

Sponsored Link

山梨県の汁だく焼きそばで知られる「成駒屋」さんが、12/10放送『いきなり!黄金伝説。』で紹介されます。山梨県北杜市長坂町にある昔ながらのお店で「名代焼きそば」というメニューですが、ここではスープに浸かった焼きそば(いわゆるスープ焼きそば)が出てきます。

場所は、JR中央本線「長坂駅」からちょっと歩いたところです。

黄金伝説 ローカル食堂


2015-12-10_101818

12/10放送『いきなり!黄金伝説。』で、この前(11/19)に予告されながらも放送されなかった人気企画「他県から客が集まる大人気ローカル食堂」が放送されます。

放送されるのは「汁だく焼きそば」で知られる山梨県の「成駒屋」さんと、「タルタルカツ丼」で知られる群馬県の「板鼻館」さんだと思われます。

汁だく焼きそば 成駒屋 山梨県
タルタルカツ丼 板鼻館 群馬県(別記事
北京本店 北京飯 愛知県安城市(別記事

どちらも何度となくテレビで紹介されている超有名店で、成駒屋さんは『秘密のケンミンSHOW』でも紹介されたことがあります。

今回は「汁だく焼きそば 成駒屋 山梨県」の記事になります。

汁だく焼きそば


山梨県にある「成駒屋」さんの焼きそばは「汁だく焼きそば」で知られています。

名代焼きそば」という名前で、こちらの名物メニューとなっています。

お客さんの多くは、この「汁だく焼きそば」が目当てで、店内は焼きそばの匂いがしてきます。

麺が上に、豚肉やキャベツなどの具が下になっており、スープがヒタヒタしているのが特徴です。

スープはラーメンスープにソースの味付けです。

汁だく焼きそば 成り立ち


でも、以前は普通の焼きそばだったそうです。

しかし、こちらの焼きそばは「ゆで麺」を使うため、あまり湯切りしないで焼きそばを作ったところ、こういうスープ焼きそばのようになってしまったそうで、それが始まりです。

結構評判が良く、そのままびちゃびちゃ焼きそばが定番になったという「手抜き度高めの焼きそば」だったりします。

成駒屋 山梨県

成駒屋さんは、JR中央本線「長坂駅」からちょっと歩いたところにある、地元のローカル食堂です。

このあたりは、山梨・長野にまたがる「八ヶ岳連峰」の麓にあたり、夏の時期は大変美しい緑の稜線がうかがえるところです。

成駒屋さんではラーメンや定食もある昔ながらの町の食堂で気楽に入れるお店でもあります。オムライスやカレーライスなんかもある食堂です。

ラーメン
タンメン
餃子
名代焼そば 800円
各種定食

山梨県北杜市長坂町長坂上条2313
営業時間:11:30~14時、17時~20時
定休日:木曜
駐車場:店前にあり

汁だく焼きそば 作り方レシピ


汁だく焼きそばレシピは、ラーメンに近いです。

(1)茹で中華麺
(2)炒めキャベツとタマネギ
(3)豚肉(砂糖醤油で煮たもの)
(4)鶏ガラ&豚骨の中華スープ
(5)ウスターソース

(1)~(3)を(4)であえて、(5)で味付けしたものです。

スープ焼きそば


これ、いわゆる「スープ焼きそば」のことです。

スープ焼きそばといえば塩原名物(栃木)ですよね。

塩原温泉では、50年以上前から「スープ焼きそば」が名物になっています。

Sponsored Link


【レビューを書いてポイント5倍】那須塩原スープ焼きそば 釜彦 (やきそば/4食入)取り寄せ商品の為注文から発送まで営業日7日程かかる場合がございます。

黄金伝説 12/10 予告


黄金伝説 12/10の予告は以下のとおりです。

サンドウィッチマンがナゼか他県から客が集まる大人気ローカル食堂に突撃取材!田舎で大繁盛している秘密は何なのか…仰天グルメが続々登場!そして母・郁恵が見守る渡辺裕太のボロ家改造1ヶ月1万円生活は感動の最終回!初の一人暮らし…節約生活をしながらの家の改造作業…1カ月の過酷生活の最後は衝撃の展開に!改造したボロ家にまさかの入居希望者…!?前代未聞の展開で初の延長戦が決定!体力・知力を振り絞った劇的ラスト!!

その他の「黄金伝説」関連記事はこちらです。

テレビで話題になったグルメやお店の情報一覧はこちらです。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。