超軟水 白神山地の水 鉄腕ダッシュ 秋田

Sponsored Link

1/17放送『鉄腕ダッシュ』で、白神山地の水の水を使って「世界一うまいラーメン作れるか!?」の企画が放映されます。秋田県の藤里町でTOKIO城島茂さんが目撃されており、白神山地の水を採取したようです。

白神山地の水は通販で簡単に入手可能ですが、わざわざ採水しに行くのが『鉄腕ダッシュ』的です。

世界一うまいラーメン 天然水


2016-01-17_133737

1/17放送『ザ!鉄腕!DASH!!』で、TOKIO城島茂さんが秋田の白神山地まで超軟水の天然水を取りに行くレポートが放送されます。

「世界一うまいラーメン作れるか!?」の企画で、最高の水を取りに行くという話ですが、この白神山地にはブナ原生林があり、豊富な腐葉土でろ過された超軟水が湧き出る場所です。

軟水と硬水の違い


2016-01-17_114108

水に含まれるミネラルであるカルシウムイオンとマグネシウムイオンが多いと硬水で、少ないと軟水と呼ばれます。

「硬度」で120mg/リットル以下が軟水となります。

山の方で、水が重いなとかちょっと口に合わないなと思うことがありますが、そういう時が硬水で、一般的には飲みやすい水は軟水とされています。

ただ、日本ではほとんどが軟水に分類される水です。

白神山地の水は、「硬度」で0.2mg/リットルという超軟水です。

白神山地 ブナ原生林


2016-01-17_114001

世界最大級のブナ原生林と言われる白神山地は秋田県にあり、日本では屋久島と共に世界自然遺産登録されています。

場所は、秋田県北西部と青森県南西部にまたがる広大な原生林です。面積のほとんど(3/4)は青森県側にあります。

入山の多くは青森県側から行われますが、番組予告では「秋田」側から入ったようです。

多くの地域が入山制限(届出制)のため、秋田県側からは「長場内岳」に入ったであろうと推測されますが、6月~11月の入山可能期間での撮影ロケだったはずです。

秋田県側には「藤里口」と「八森口」があります。

藤里口」は藤里町から小岳に至る登山ルートです。採水するならこのコースかなと思います。実際に、藤里で城島さんが目撃されています。

目撃されているのは11月下旬~12月初旬のようですが、入山できるのは11月までなので11月に撮影ロケが行われているはずです。

八森口」は八峰町八森から二ツ森に至る登山ルートです。最短コースはこっちです。

超軟水の天然水 白神山地


白神山地の天然水は通販で簡単に入手できます。

Sponsored Link


白神山美水館 世界自然遺産 白神山地の水 黒ラベル 500ml PET 24本入 【送料無料】【代金引換不可】☆メーカー直送のためキャンセル不可

白神山地の表面を覆うブナの腐葉土に蓄えられて、長い年月をかけてろ過された水が「白神山地の水」です。

エネルギー 0kcal
たんぱく質 0mg
脂質 0mg
炭水化物 0mg
ナトリウム 0.2mg
カルシウム 0.05mg
マグネシウム 0.05mg
硬度 0.2mg
pH値 6.6

超軟水で口当たりの良い天然水として有名です。

青森県西津軽郡鯵ヶ沢町の湧き水を使って製品化もされています。

Sponsored Link


【ミネラルウォーター】【保存水2年】【あす楽区域外】『白神山地の水 2L×6本×2ケース』【送料無料】(12本 24L 水 天然水 箱 ペットボトル入り ウォーター 赤ちゃん ピュアウォーター)【smtb-T】

鉄腕ダッシュ 1/17 予告


鉄腕ダッシュ 1/17 予告は以下のとおりです。

完成間近のTOKIOのラーメン。
日本各地から厳選素材を集めて作って来たが、
今回は城島が最高の水を求めて、秋田県の白神山地へ。
世界遺産にも認定された、世界でも珍しい広大なブナの原生林が広がり、
そのブナ林の落ち葉が腐って腐葉土となり、それが自然のろ過装置となって超軟水の水が湧き出ている。
雪深い山をひたすら登り、城島が最高の水を取りに行く!

Sponsored Link


【送料無料】2L6本入り2ケース(12本)。青森と秋田の県境にまたがる世界遺産白神山地の水です。世界遺産白神山地の水(天然水)【smtb-TD】【tohoku】

他にも『鉄腕DASH』関連記事がたくさんあります。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。