【鉄腕DASH】幻の「小野川豆もやし」グルメ小野川温泉豆もやしラーメンの「小野川温泉」(山形県米沢市)

3/1放送『ザ!鉄腕!DASH!!』では、山形県米沢市小野川町の「小野川豆もやし」を紹介するようです。

これは非常に有名ではありますが、この街で1200年続く「小野川温泉」のお湯を使って栽培しています。他にも青森県「大鰐温泉もやし」も知られています。

雪菜ふすべ漬け 1/30 青空レストランで紹介 米沢市上長井地区

「小野川豆もやし」を育てる「小野川温泉」


moyashi

「米沢の奥座敷」と呼ばれる静かな温泉が「小野川温泉」です。

11月から3月に雪の季節になると、「小野川温泉」にはたくさんの砂を敷いた木箱「室」(むろ)を並べた「室掘小屋」が立ち並びます。この「室」の下に温泉源泉を通して温度を30度に保つことから始まります。

2015-03-01_151230

砂の入った「室」で、「もやし豆」が栽培されます。約1週間で20~30センチの豆もやしが出来上がります。これが「小野川豆もやし」です。

2015-03-01_151330

ミネラル豊富で、現地温泉地で購入するか、ラーメンやすき焼きで食べることができます。

雪の中で育つ珍しい野菜「雪菜」(ゆきな)


2015-03-01_153225

この地方には同様に珍しい栽培方法の野菜がもう1種類あります。それが「雪菜」(ゆきな)です。

雪の降る前の11月に一度収穫し、それを凍らないように藁(ワラ)で囲って地面に並べます。これは「床寄せ」と呼ばれる作業です。

2015-03-01_153337

その後、雪が降り積もってくる頃、雪菜は自分の葉から栄養を使い、茎が伸びていきます。それを雪から掘り出して出荷するのが、雪の中で育つ珍しい野菜「雪菜」です。

栄養の集中する茎の部分だけを食べるので、収穫量は少なめです。そのため、貴重だと言われています。

「小野川温泉」にある小野川温泉豆もやしラーメン


「小野川温泉」のある山形県の南部「南米沢」は日本でも雪の多い豪雪地帯です。

1200年もの間続く歴史ある「小野川温泉」では、「小野川豆もやし」を使ったラーメンやすき焼きなどがご当地グルメにあります。

「小野川豆もやし」は地元温泉街で買うことが出来ますが、持って帰るのも大変なので、現地のお料理でいただくのが良いかなと思います。

営業時間:11時から20時
定休日:月曜
山形県米沢市小野川町2788

営業時間:11時から21時
定休日:木曜
山形県米沢市小野川町2452

広告


牛肉三昧膳と貸切風呂の宿 小野川温泉 河鹿荘

Twitterの口コミや感想


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。