【寒メジナ通販】2/22鉄腕DASHで寒メジナは海藻を食べるベジタリアンな魚と国内旅行PRで「魚沼市」を紹介

Sponsored Link


2/22放送『ザ!鉄腕!DASH!!』では、メジナ(寒メジナ)とご当地PR課で「新潟県魚沼市」のPRが行われます。

北陸新幹線の追加開通した北陸信州よりもやや北ですが(笑)、最近この辺は注目されていますね。

海藻を食べるベジタリアンな魚とは「メジナ(寒メジナ、寒くろ)」


Sponsored Link


お試し鮮魚セット!その時期の旬のお魚をセットにしました!お一人様一回限定!!【RCP】05P01Jun14

DASH海岸(神奈川県横浜市鶴見区)では海藻が大繁殖し、海がヘドロ化の危機にひんしているということで、雑食性で冬に海藻を食べる「メジナ(寒メジナ)」が紹介されます。漢字で書くと「眼仁奈」です。

「寒メジナ」は1月から2月くらいまでが旬の魚です。番組では「海藻」と書いてますが、岩海苔のことだと思います。

この時期は岩のりが繁殖するので、雑食性のメジナはそれを食べるのですが、その季節が一番活発に活動することになり、脂がのってきます。それで、今の1月から2月の時期を旬として「寒メジナ」と呼んでいます。また、「グレ、ブレ、クシロ、クロ、アオイオ、黒目鯛」とも呼ばれることがあります。

小麦粉でまぶしてフライ風に焼いて、レモンをかけて食べるともう最高です。

ただ、お魚って通販とかでは品種を絞って売っていることはあまりなくて(高級魚は売ってます)、メジナとかだと町のスーパー行くのがいいですね。

神奈川県横浜市鶴見区末広町1丁目1

ご当地PR課で「新潟県魚沼市」でPR


魚沼といえば「コシヒカリ」ですが、魚沼市でも南側「南魚沼市」が特においしいと言われています。

Sponsored Link


【26年産 送料無料 魚沼産 コシヒカリ】新潟県 南魚沼 JAしおざわ農協特A地区 コシヒカリ 5kg天地米【お米 こしひかり ギフトに最適】10P30May15

ジャンボしいたけ「てんけいこ」(天恵菇、新潟県魚沼市八色)


Sponsored Link


ジャンボしいたけ「天恵菇」

魚沼市で最近超ブレイクしたのがジャンボしいたけ「天恵菇」(てんけいこ)です。

入手まで二ヶ月以上待たされるというほどの人気で、2/7に日テレの『青空レストラン』が南魚沼市を取り上げて、ジャンボしいたけ「天恵菇」として紹介したところ、その日のうちに数百もの注文が入ったようです。

新潟県魚沼市付近で生産されている直径15センチのジャンボしいたけ「天恵菇」(てんけいこ)は、2002年には開発されていた(なばし天415号)のですが、見た目が悪いということで「売れなさそう」ということで販売が見送られていました。
しかし、2014年に見た目なんとかした新種が「天恵菇」(てんけいこ)です。

魚沼で最大級の露天大岩風呂「湯沢東映ホテル」


魚沼でPRするものといえば、「湯沢東映ホテル」があります。こちらは、あの映画会社「東映」さん直営ホテルなんです。

2015-02-07_163916
クラブツーリズムの越後湯沢ツアーではエリア最大級の露天大岩風呂がある「湯沢東映ホテル」の温泉も楽しむことができます。源泉は「東映源泉」と呼ばれ、弱アルカリ性の単純温泉になっています。今の時期だとちょうど「雪見風呂」が堪能できますね。

Sponsored Link


【新幹線付プラン】越後湯沢温泉 湯沢東映ホテル(JR東日本びゅう提供)

映画配給会社の「東映」が経営するホテルで、ホテル内には東映の戦隊モノのバイク(特命戦隊ゴーバスターズ「チダニックバイク」)などが展示されています。

新潟県南魚沼郡 湯沢町湯沢3459
日帰り温泉は、だいたい12時30分から19時まで営業で、フェイスタオル付で大人¥1,000 小人¥500
URL: http://www.toei.co.jp/hotel/yuzawa/
Twitter: https://twitter.com/YuzawaToeiHotel

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。