青森駅前干潟の場所はどこ?【ザ!鉄腕!DASH!!】

JR青森駅前にある「青森駅前干潟」が2019年7月14日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』で紹介されるそうです。ここは、横浜にあるDASH海岸を目指して作られた人工の干潟でしたが、魚が住み着くことなく困っているそうです。将来的には「青森駅前ビーチ」として人工の砂浜(ビーチ)になるのですが、この「青森駅前干潟」はどこにあるのでしょうか。

広告

JR青森駅前にある「青森駅前干潟」が『ザ!鉄腕!DASH!!』で紹介


JR青森駅前にある「青森駅前干潟」が『ザ!鉄腕!DASH!!』で紹介されます

JR青森駅前にある「青森駅前干潟」が『ザ!鉄腕!DASH!!』で紹介されます

2019年7月14日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』の予告で気になる地名が書かれていました。

青森駅前干潟

予告では、横浜にあるDASH海岸を目指して作られた人工の干潟なのだそうですが、なぜか生物が全く棲んでくれないのだそうです。

それをなんとかするために、TOKIOの城島茂さんが「青森駅前干潟」まで行くという内容なのですが、その「青森駅前干潟」とはどこにあるのでしょうか?

実は、上の写真の場所がそれなのですが、これだとよくわかりません。

青森ベイブリッジのA-FACTORYという商業施設の前が「青森駅前干潟」

青森ベイブリッジのA-FACTORYという商業施設の前が「青森駅前干潟」

わかりやすくいうと、青森ベイブリッジのA-FACTORYという商業施設の前が「青森駅前干潟」です。

青森駅から徒歩数分、ほんと駅前にある干潟です。

住所的には「青森県青森市柳川」というところの前にある海岸で、前述の「A-FACTORY」に行けば見ることができます。

青森県青森市柳川

青森駅前干潟付近は将来的に駅前ビーチになるそうです


将来的に駅前ビーチになるそうです

将来的に駅前ビーチになるそうです

この青森駅前干潟のある青森ベイブリッジの湾岸エリアですが、将来的には駅前ビーチになるそうで、別名で「青森駅前ビーチ」とも呼ばれているそうです。

実際に『ザ!鉄腕!DASH!!』の撮影ロケに参加された方のTweetがあったので、それを引用しますが、明らかに「青森駅前ビーチ」と表記されていました。

これは「青森駅前ビーチプロジェクト」と呼ばれており、2020年度に海辺を砂浜に整備するという計画です。

計画では以下の赤い枠のところが人工ビーチとなるそうで、青森駅前干潟もその範囲に含まれていました

ザ!鉄腕!DASH!! 2019年7月14日 予告


ザ!鉄腕!DASH!! 2019年7月14日 予告は以下の通りです。

DASH海岸の弟「青森駅前干潟」がピンチ!というのも生物が全く姿を見せず、その原因がわからない…。そこで兄貴たちが青森へ向かい、0円ホタテで…ある作戦を!
昭和の名曲「津軽海峡・冬景色」の舞台、JR青森駅そばの「青森駅前干潟」。実はここ、横浜DASH海岸を目指して作られた人工の干潟で、いわばDASH海岸にとって”弟”のような存在。 しかし…なぜか生物が棲んでくれず、青森の海にたくさんいる「カレイ」の姿も見られない。早速、青森へ向かった城島と桝アナは、ある事に気づく。それは…「砂がサラサラすぎ!」。そして、0円ホタテを使った”ある作戦”を開始する


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。