ストックバスターズ @燕三条のキッチン用品激安店『ダレトク』で紹介

新潟県の燕三条にあるキッチン用品が激安という専門店「ストックバスターズ」が、10月17日放送『有吉弘行のダレトク!?』で紹介されるようです。かたせ梨乃さんとと安藤なつさん(メイプル超合金)が「ストックバスターズ 燕店」で金属洋食器などの激安品を紹介するようです。

では、その「ストックバスターズ 燕店」とはどこにあるのでしょうか。

広告

燕三条のキッチン用品専門店「ストックバスターズ」が『有吉弘行のダレトク』で紹介


新潟県の燕三条にあるキッチン用品が激安という専門店「ストックバスターズ 燕店」

新潟県の燕三条にあるキッチン用品が激安という専門店「ストックバスターズ 燕店」

10月17日放送『有吉弘行のダレトク!?』で、新潟県の燕三条にあるキッチン用品が激安という専門店「ストックバスターズ」が紹介されます。

予告では、かたせ梨乃さんとと安藤なつさん(メイプル超合金)が、鍋や電気ケトル800円(メーカー希望価格2500円)などを販売する店舗を物色しているのですが、街中の風景シーンで「新潟県燕市物流センター2丁目」付近の映像が流れていました。

すぐ近くには、メーカー希望小売価格の30~90%OFFという激安で台所用品が購入できる「ストックバスターズ 燕店」があり、そこへ行っているのは確実です。

・激安キッチングッズ専門店
・バスツアーが組まれるほど人気
・年間約25万人が来店
・メーカー希望小売価格の30~90%OFFという激安

キッチン用品が激安な理由


新潟・燕三条地域といえば工場の町です

新潟・燕三条地域といえば工場の町です

新潟・燕三条地域といえば工場の町で、金属加工業などが知られています。

そういう町には、地域の特産物を激安で売るお店があるもので、ストックバスターズさんも「新潟県上越市」と「新潟県燕市」に店舗があります。

要するに「アウトレット品」のお店なので、メーカー希望価格よりかなり安くなっているのです。

アウトレット品というのは、型落ち品や在庫過多で在庫処分される商品のことです。

燕三条は地名ではなく「燕市・三条市」エリアのことを総称する名称です。こういった、工場の町は他にもあってこの辺りでは「富山県高岡市、福井県鯖江市」もよく聞く場所です。

新潟県燕市・三条市(金属加工)
富山県高岡市(梵鐘、鋳物)
福井県鯖江市(眼鏡)

ストックバスターズ 燕店

「ストックバスターズ 燕店」さんの場所ですが、新潟県燕市のちょっと不便な所にあります。

地元の方が自家用車で買いに来るのが大前提なのですが、観光バスのルートにもなっています。

金属洋食器の生産地として世界にも知られています。

新潟県燕市物流センター2丁目16
営業時間:10時~18時
定休日:年中無休(年末年始は休み)
URL:http://www.stockbusters.jp/

Twitterの口コミや感想

有吉弘行のダレトク 10月17日 予告


有吉弘行のダレトク 10月17日 予告は以下の通りです。

芸能人の自宅を査定!知って得する「査定額アップの裏ワザ」など不動産情報が満載!大女優かたせ梨乃がバスツアーが組まれるほど人気の激安キッチングッズ専門店を調査
芸能人の自宅を査定していく新企画「出張査定!ダレトク不動産」では、「ダレトク不動産」の係長・ザキヤマと不動産鑑定士が、芸能人のお宅を出張査定! 鑑定士の査定ポイントや査定額アップの裏ワザなど、知ってトクする情報が満載。コストパフォーマンスが評判の店を潜入調査する「コスパGメン」では、かたせ梨乃と安藤なつ(メイプル超合金)が新潟・燕三条のキッチン用品専門店へ。年間約25万人が来店するという人気の店を巡る2人は、商品全てがメーカー希望小売価格の30~90%OFFという激安ぶりに驚愕!


「有吉弘行のダレトク」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。